ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

駄菓子100種類が食べ放題!90年代の思い出を取り戻せる「放課後BAR」が大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファミコン、漫画・・・駄菓子を食べながら友達と遊んだ青春時代。誰にでもきっと覚えがありますよね。

そんな当時の光景をそのまんま蘇らせたようなお店が大阪の梅田にあります。それが2011年にオープンした「駄菓子食べ放題の放課後BAR A-55」。ここが「まるで小学生のころに戻った気分でくつろげる!」ということで20代の女性たちに大人気なのだそうです。

でもどうやら他の駄菓子BARとはちょっと違うようで、週末には予約が取れないほど満席になるというこのお店。一体どんな場所なのでしょうか?

このお店はまず1時間500円で100種類の駄菓子・アイスが食べ放題というのが人気の秘密のようです。加えて店内には昔懐かしい漫画やゲームなどが所狭しと置かれ、BGMには懐かしのJ-POPやアニソンが流れています。ここは1990年代に子ども時代を過ごした大人たちがメインターゲットのようで、この当時の世代にはやはりたまらないスペースなのです。

お店には北海道から沖縄までほぼ全国各地から若い女性が足を運ぶそうで、今や完全に「大阪のおもしろいお店」として観光スポット化している様子。いわゆる普通の “女子会” に飽きた女性たちが新鮮味を求めて訪れ、それがSNSなどで評判が広がり今の大人気につながっているようです。

1990年代に的を絞って、当時の様子をここまで再現した徹底度は確かに唯一無二という感じがしますね。まさにあの青春をもう一度!古くて新しいこれまでとはちょっと違った楽しみ方ができる「放課後BAR」で、あなたもあの頃を存分に味わってみてはいかが?

駄菓子食べ放題の放課後BAR A-55

ぐるなびレビューページ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

大阪は本当に「コテコテ」なんでしょうか
「焼きそば」って和食なの?それとも中華なの?
大阪名物 たこ焼きのために作られたシャンパンとは?!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP