ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入場料無料の音楽フェス「TOKYO ISLAND」に行ってみた!なにかと最高すぎて無料なのが申し訳なくなるレベル!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

近年、日本ではすっかり夏の音楽フェスティバルの文化が根付き、今年もこれから全国各地でさまざまなフェスが開催されます。
フェスには豪華なアーティストが集う分、チケットの価格はソロコンサートよりも高め。
安くても5000円以上、国内最高峰のフェスともいえる『フジロック』は1日券が16800円というのが相場ですね。

ところが、今年初めて開催される『TOKYO ISLAND』というフェスはなんと入場料が完全無料とのこと。
これは気になる!
というわけで、7月20日にそのフェスが開催されたので遊びに行ってみました!

会場は東京湾に囲まれた公園開演予定地!


会場は『海の森公園予定地』という、四方を東京湾に囲まれた埋立地でできた島。
どうやら東京オリンピックでヨットの競技会場になる予定とのことです。
会場へは歩いて向かうことができないので、りんかい線の青海駅発のシャトルバスに乗って行きます。
ちなみにバスは往復で1000円でした。


バスに乗り込み会場近くまで来ると、景色がまったく東京っぽくなくなってしまいます。
つい数分前までは賑やかなお台場にいたのに…。


そしてバスを降りると東京湾を挟んでお台場の方面が一望できる見事な景色が!
少し高い場所になっているので、お台場のみならず東京スカイツリーやディズニーランドまで見えて、しかも羽田空港も近いため飛行機がたくさん飛んできます。
東京にこんな場所があったのか!と感動してしまいました。
この景色を眺めているだけでも、この場所にこれてよかったと思えますね。


会場は公園の予定地というだけあり、たくさんの苗木が植えられていました。
そのエリアには立ち入りできないようにテープが貼られていたのですが、よく見ると5月に開催された『VIVA LA ROCK』というフェスのテープを使いまわしています。
さすが無料フェス、節約できるところは節約しています。
そういえば入場ゲートなども一切ありませんでした。


バスを降りてから歩くこと数分。
ステージに向かう途中に飲食店や物販のエリアがあります。
それにしても広い!ここが東京、そして埋立地だなんて信じられません。


そして演奏の行われる2つのステージが目に入ってきました。
無料ですがステージはちゃんと設営されていたのでひと安心!
お客さんも結構入っています!

海風を感じながらのライブが最高に気持ちいい!


日差しはかなりキツいのですが、海からの風がちょうどいい感じで吹きつけてくるおかげで、思いのほか暑さは感じません。
そんな中でライブを行うアーティストは全体的にアコースティックな雰囲気のラインナップ。
まったりと音楽を聞きながら体を揺らし、ビールを飲んだりなんかしたらもうたまりません!
1円も払ってないのに最高の贅沢をさせてもらっちゃってます。

ちなみに個人的には『Caravan』『SPECIAL OTHERS ACOUSTIC』の演奏がよかったです。最高ですね。


そして最後に『神聖かまってちゃん』の演奏が終わり、ライブは終了。
かまってちゃんだけ少し異質な感じでしたが、かなり熱くて良いライブでした。

終了時刻は19時前と少し早めな感じでしたが、きっと日没前に終わらせることで照明代を削減したのでしょう。
あとビールが生ビールではなく缶ビールだったので珍しいなと思ったのですが、これもきっと紙コップ代を削減したのではないでしょうか。

ライブが終わるとちょうど夕日が東京のビル群の中に沈んでいくところでした。
この景色もすごくよかった!なかなか東京に沈んでいく夕日なんて見る機会はないですからね。
日没前にライブが終わったおかげで、じっくりこの景色を眺めることができました。

来年も同じ場所で開催予定!

こうして記念すべき第1回となった『TOKYO ISLAND』が幕を閉じたわけですが、最高に素晴らしいフェスでした!
このフェスのおかげで、東京にこんなにも素敵な場所があるということも知ることができましたし、参加できて本当によかったです。

主催者は「また来年も海の森公園予定地で開催する」と力強く宣言していました。
来年は入場料が発生するかもしれませんし(むしろさせるべきだと思いますが)、公園予定地内の景色も大きく変わっていることでしょう。
それでも、今後このイベントとこの会場がどう変わっていくのか、これから先も見届けていきたいなと思います。

TOKYO ISLAND
http://tokyoisland.tokyo/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP