体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【映画クロスレビュー】ピクサー待望の最新作は大満足の完成度!『インサイド・ヘッド』

poster2

いよいよ7月18日より公開となる、映画『インサイド・ヘッド』。

映画クロスレビュー『インサイド・ヘッド』

【ストーリー】
ミネソタの田舎町で明るく幸せに育った少女ライリーは、父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに引っ越してくる。新しい生活に慣れようとするライリーを幸せにしようと、彼女の頭の中の司令部では「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情が奮闘していた。しかし、ある時、カナシミがライリーの大切な思い出を悲しい思い出に変えてしまう。慌てて思い出を元通りにしようとしたヨロコビだったが、誤ってカナシミと一緒に司令部の外に放りだされてしまう。ヨロコビは急いで司令部に戻ろうと、ライリーの頭の中を駆けめぐるのだが……。

監督:ピート・ドクター
共同監督:ロニー・デル・カルメン
脚本:ピート・ドクター
製作総指揮:ジョン・ラセター

ヨロコビ:エイミー・ポーラー(日本語吹替・竹内結子)
カナシミ:フィリス・スミス(日本語吹替・大竹しのぶ)
イカリ:ルイス・ブラック
ムカムカ:ミンディ・カリング
ビビリ:ビル・ヘイダー

『インサイド・ヘッド』公式サイト
http://www.disney.co.jp/movie/head.html

main_large

「ピクサーの華麗なる復活」/@mtakeshi

正直、ここ最近のピクサーは続編が続いた上に2014年は1本も公開できず、常勝ピクサーも一段落してしまったか……と思っていました。しかし「インサイド・ヘッド」は久々にあの頃のピクサーを思い出す、実にピクサーらしい作品でした。王道の「行って帰ってくる物語」で、あらゆる登場人物の「成長」を丁寧に描いていたのはさすが。

もはやこの映画に対する前情報はいっさい不要です。ピクサー映画で一度でも感動したことのある方ならばぜひ、ぜひ見てください。特にお子さまがいる家族ならば、皆さんで映画館に行くことをお勧めします。これを見た子どもたちが、20年後に同じ映画を見てどう思うのか——多分ピクサーの制作陣は、そんなことを頭に入れながら、将来の大人に向けて作ったのではないかなあ、と思いました。

そして今回、ニコニコ動画でも有名になった七色の歌声を持つピクサーのスタッフ、“アゴジン”ことニック・ピテラ氏が映画に初出演しているとのこと(※解説は最後に)。そのことを知って楽しみにしていましたが、皆さん気付きましたか? 言われてみればなるほどの出演でした。分からなかったらぜひ、もう一度映画館へどうぞ。

【プロフィール】@mtakeshi(宮田 健)
IT系&エンターテイメント系のフリーランスライター。ディズニーのニュースをトリビア抜きで紹介するメディア「dpost.jp」(http://dpost.jp/)を運営中。IT系ではITmedia エンタープライズで「半径300メートルのIT」を毎週連載、そのコラムをまとめた書籍「デジタルの作法」が角川EpuB選書より発売中(http://www.kadokawa.co.jp/product/321501000084/)。

「“観ておいてよかった”と思い返す時がやってくるでしょう」/咲間 岩丸

強力かつきれいなストーリーで観客の心を動かす作品を送り出してきたピクサーですが、最近の作品では観た人が「その後の人生のどこかで突然思い出す」ようなおはなしが増えてきた気がします。『インサイド・ヘッド』もそんな一本です。

作品のテーマである感情について、僕らはほんの一部しかわかっていません。自分の感情であってもうまく制御できないときがあるくらいです。人のなかにある何かとどう付き合っていけばいいのか、ピクサーはヒントを見つけて観客に伝えたかったのだろうと思いました。どの年齢の人も「観ておいてよかった」と思い返す時がこの先の人生でやってくるでしょう。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会