ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

火でも燃えない!半永久的なデータ保管を実現する、新しい記録媒体が登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Nanoform

“記録媒体”と聞くと、CDとかフラッシュメモリーを思い浮かべる人も多いだろう。

だが一方で、そのような電子的なデータ管理の方法があまり好きではない、という趣向の人もいるかもしれない。

また、電子記録媒体には、破損したり、データ消失したりする危険が常につきまとう。

・レーザー彫刻で、サファイアのディスクにデータを記録

フランスのFahrenheit2451では、まったく新しい記録媒体を開発中だ。それが「Nanoform」である。これは小さく非常に薄いサファイアのディスク盤で、レーザー彫刻でデータを刻み込む、新しい形式の記録媒体だ。

・硬くて、火、水、光にも強い

このディスク盤は、合成サファイアでできている。サファイアはダイヤモンドに次いで、もっとも硬い鉱物のひとつ。

Nanoform2

紙媒体やUSBメモリーなどの電子媒体は、火や水、熱に弱く、光によって劣化してしまう。サファイアを用いることで、火、水、酸、衝撃にも強い、理想の記録媒体を実現した。

・半永久的にデータ保持が可能

数年で壊れてしまう電子デバイス媒体や、100~150年もつというフィルム媒体、ビニール媒体と比べても、ほぼ半永久的に保存できる「Nanoform」は大きなアドバンテージをもっている。

・サイズは小さいのに、データ容量は大きい

ディスク盤の種類には、1インチのメダルタイプ、2インチ、あるいは4インチのディスクタイプのほか、博物館などの業務用ニーズに対応できる8インチタイプを用意。

Nanoform3

小さくはあるが、保存できるデータ量は大きく、2インチタイプのディスクでは最大500の画像を、4インチタイプなら最大2500の画像を保存できるという。

・マイクロレンズ対応カメラなどでデータにアクセス

ちなみに、記録されたデータを見たいときには、強力な拡大鏡やマイクロレンズ対応のカメラ、PCに直接つなげられるデジタル顕微鏡などを用いればよいという。

・Kickstarterでキャンペーンを実施中

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを実施中の「Nanoform」。開催期間残りわずか、お早めにチェックを。

Nanoform

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。