ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂・岩田社長が亡くなり漫画家が生放送で号泣「自分の命を延長させずに任天堂の命を延長させた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

胆管腫瘍のため2015年7月11日に死去した、任天堂の代表取締役社長であり、プログラマーでもある岩田聡社長。彼が天に召され、世界中の人々が悲しみ、そして今までの感謝の気持ちを書き込みしている。

・今の心境を語る任天堂信者
そんななか、任天堂信者(熱烈に任天堂を愛している消費者)のひとりとして有名な漫画家、ピョコタン先生が、ニコニコ生放送やYouTubeで今の心境を語り、生放送であるにもかかわらず、号泣するというシーンが放送された。

・ぼくは任天堂信者
ピョコタン先生は、任天堂の株主として株主総会に参加するほどの任天堂マニアで、自分で自分のファミコンゲームを作ってしまったほど、任天堂を愛している人物。みずから『ぼくは任天堂信者』という漫画も執筆し、インターネット上で販売している。

・生放送中に号泣
岩田社長の死は、狂信的な任天堂信者にとって非常につらいもの。岩田社長がどんな心境で生活し、仕事をし、そして亡くなったのか、それを察するあまり、生放送中に号泣してしまったのである。

・コメント
「自分の寿命を延長させずに、任天堂という企業の寿命を延長させたんですよ。この究極の……。偉すぎる……。こんな人いますか? 偉すぎる。(任天堂が赤字になったけど)責任とって辞めますっていうのは簡単じゃん。自分の余命が2年ってわかったらね。なのに岩田聡は任天堂という会社の余命を、寿命を延ばすために、ギリギリまで株主総会にしっかり出て、こんな選択できないよ普通」

・岩田社長の精神に感動
任天堂や岩田社長の状況をよく知っているからこそ、ピョコタン先生は岩田社長の精神に感動し、号泣したのだろう。これからの任天堂に「岩田スピリッツ」が継承され、世界の任天堂として存在し続けることを強く願う。

ちなみに岩田社長の肉声は、隠しメッセージとしてゲーム『メトロイドプライム3 コラプション』でも聴くことができる。

https://youtu.be/JuqqgFCO6CM

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/13/iwata-nintendo/

Via: ピョコタン公式Twitter

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP