体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチールにムービーと何でもアリの『ソーシャルアイドル notall』 初ワンマンライブレポート

01-IMG_5038_R

以前、代々木公園で開催されたベトナムフェスティバルの取材中に遭遇したアイドル「notall」より初ワンマンライブを行うので見にきてくださいとのオファーをいただいた。(拙稿 http://getnews.jp/archives/1000693 参照)

02-IMG_4650_R

先日も地下アイドルの取材をしたが、やはり芸能記者ではないので、その方面にはめっぽう疎い。しかし、せっかくの招待なので今回も素人目線で全力レポートを敢行する。

03-IMG_4668_R

メンバーも初ライブなら、記者も初めての動画埋め込み記事に挑戦する。

04-IMG_4682_R

記者が入場したのは開演前の通しリハーサル中。
リハーサル画像も交えながら、まずはnotallの概略から。

06-IMG_4797_R

リハーサル中は舞台そでからの撮影も許可された。

07-IMG_4804_R

notallとは英語”not all”を語源とした造語で、文字通り「すべてではない」という意。いくら有名になろうと、満足せず上を目指して頑張ってほしいという想いが込められている。

08-IMG_7120_R

コンセプトは、「世界のみんなと一緒に育てる次世代型ソーシャルアイドル」。グループ名はもとより、メンバーのニックネーム、楽曲、衣装等あらゆるものをファンからの公募で決めている。

09-IMG_7123_R

ソーシャルというだけあって、各種SNSに公式アカウントを持つことはもちろんのこと、公式アプリまで公開している。
アイドルグループで公式アプリを持っているグループはそう多くはないのではないだろうか。

10-IMG_7130_R

活動中の写真や動画撮影は基本的に自由。それどころか、撮影した画像をSNSにアップすると、CDジャケットに採用される可能性があるという。

21-IMG_7208_R

これまでの芸能人とは全く違った切り口でファンとの距離を近くし、積極的に運営に参画できるというコンセプトが新しい。

11-スクリーンショット 2015-07-06 00.21.19_R

さて、この公演に先立つこと7月5日の夜。
CHEERZというアイドル応援アプリで8月6日から台湾で開催される「台湾漫画博覧会」でのライブステージをかけた戦いが行われた。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。