ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デーモン・アルバーン ライブ後ステージを降りずセキュリティに担がれ退場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先月、ゴシップ・ブログ“Gawker”が全てのコンサートは夜11時には終わるべきであるという見解を述べていたが、ブラーのフロントマンであるデーモン・アルバーンは、どうやら同見解には反対のもようだ。

 というのも、デンマークで開催されていた【ロスキルド・フェスティバル】にて“アフリカ・エクスプレス”プロジェクトで行った5時間に及ぶステージの後、アルバーンはステージから去るのを拒んでいた。午前4時頃、セキュリティがステージから去るよう求めると、アルバーンは演奏していたザ・クラッシュの「ステイ・オア・ゴー」のカバーを終わらせたが不満たっぷりの様子。数分に及ぶやりとりの後、坊主頭のそのセキュリティはついにアルバーンを持ち上げステージから彼を運び出した。なお、この様子はYouTube(https://youtu.be/BJjuFAvcbv8)で見ることが出来る。

 アフリカ・エクスプレスは、異文化音楽のコラボレーションを促進しており、その精神の元アルバーンはこのロスキレの地で、ニック・ジナーやソンゴイ・ブルース、そしてローラ・ムビュラ等多くのアーティストと演奏していた。

 また、ブラーは今月複数の世界フェスに出演が予定されており、次の公演は7月17日(現地時間)にポルトガルで開催される【スーパー・ボック・スーパー・ロック】フェスへの出演である。

関連記事リンク(外部サイト)

キューバの若き天才ヴォーカリスト、ダイメ・アロセナ 【Live Magic!】に出演決定
ユアン・マクレガー、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンのアコースティック・カヴァー映像を公開
<flau>のレーベル・パーティーが8月に開催、国内外の所属アーティストが出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP