ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空き時間やスキルをシェアし合う!スウェーデンの共有経済型プラットフォーム「HinnerDu」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

個人宅などの空き部屋を有料で貸し借りするオンラインプラットフォーム「Airbnb」や相乗りサービス「Uber」に代表されるとおり、”シェアリング・エコノミー(共有型経済)”は、近年、欧米を中心に広がっている。

・空き時間を利用して、ちょっとした“おつかい”を頼み合う

シェアリング・エコノミーの普及がすすむスウェーデンでは、個人が持つ空き時間やスキルなどを互いに融通し合う、P2P(ピア・ツー・ピア)型のオンラインプラットフォームとして、「HinnerDu.se」が人気を集めてきた。

HinnerDuは、スウェーデン語で「時間、ありますか?」の意。その名が示すとおり、空き時間を利用し、買い物や庭仕事、日曜大工、飼い犬の散歩など、ちょっとした“おつかい”を、有償で請け負うためのプラットフォームだ。

まず、依頼主が、依頼したいタスクの概要と報酬額を入力する。

仕事を請け負いたいユーザーは、タスクのジャンルや場所などから、希望する案件を探し、依頼主にコンタクト。

タスクの実施日や報酬額などの諸条件に双方が合意すれば、成約となる。

・より多様な共有経済には、信頼性の担保がカギ

インターネット上で出会った“顔の見えない”つながりにおいて必要不可欠なのが、プラットフォームの信頼性だ。

HinnerDuでは、タスクを依頼するユーザーと、これを請け負うユーザーの双方が、互いの評価やコメントを簡単に登録・公開できる仕組みを備え、ユーザーに対して、タスク完了後、相手方の評価を積極的に行うよう促している。

HinnerDuの事例でもわかるとおり、ユーザー間の信頼関係を担保する仕組みをオンラインプラットフォームが整えることによって、今後、モノの共有のみならず、時間やタスクの共有も、より多様に広がっていきそうだ。

HinnerDu.se

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP