ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『日産NV200タクシー』イエローキャブの初乗り無料チケットを都内で配布

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
01-0IMG_2976_R

日産自動車はNV200(日本名バネット)をもとに開発されたタクシーの乗り心地を広く体験してもらおうと、都内各地で初乗り無料乗車券を配布する。
7月6日に東京駅八重洲中央口では実車2台を展示して、チケットを配布した。

01-1IMG_2964_R

ニューヨークでは次世代イエローキャブとして約700台が導入されている。
このチケットは初乗り運賃730円分の乗車券として使用できるが、ステッカーを貼ったNV200を使用したグローバルタクシーでのみ使用できる。

02IMG_2954_R

ミニバンスタイルのこの車。何十年と染み付いた「セダンタクシー」のイメージからすると程遠い。

03IMG_2958_R

しかし、そのスタイルにヨーロッパを感じるのは記者だけだろうか。

04IMG_2957_R

商用車としてはあまりにもスタイリッシュな同車は5ナンバーの小型車だ。

05IMG_2955_R

とはいえ、ミニバンなので車高は高く眺めも良い。居住性も特に問題はない。むしろ、合皮ではあるが本革調のシートは高級感さえ漂う。

06IMG_2956_R

荷室は思いのほか大きく、大型のスーツケースが4つ入ってもまだ余裕がある。

07IMG_2959_R

運転席はタクシー仕様なので、余計なものは付いていないが、視界が良いので運転手のストレスは少なくなるものと思われる。

08IMG_2997_R

タクシー仕様でなければ、ガソリン車で一般販売もされている。荷室が大きい分、定員は5名となるが、それさえ割り切ればスタイリッシュな小型ミニバン乗用車としての購入もアリと見た。ミニバンといっても大きい車種が多いので、むしろ本物の「ミニ」バンとして新鮮に映る。

09IMG_2995_R

タクシーの旅客として乗車した目線でシャッターを切ってもこんな感じなので、眺めがいいのはお分かりいただけると思う。

IMG_2985_R

日産自動車の野出順フリート事業部長に話を聞いた。
「今までのセダンではなくワゴンタイプというのは世界の標準になりつつあります。現在東京では70台程度が走っていますが、6月8日の出発式以来、口コミで広がり手をあげて乗っていただけるお客様が増えたといいます。しかし70台では選んで乗れる状態ではないので、このようにタクシー会社とのコラボレーション企画でもっと知っていただき、台数を増やすきっかけになればと思っています。これからの課題としては、やはりタクシーとしてミニバンをお客様に認知していただくということです。」

タクシー仕様の車はガソリンで始動し、LPGで走るという形態をとるが、一般での購入はガソリン車となるだろう。
いずれにせよ、5万台も走る東京のタクシーの中で70台しかない同車を見つけるのは宝探しに近いのだが、世界標準となりつつあるミニバンタクシーを体験してみるのも面白い。

IMG_2987_R

都内でのチケットの配布計画は次の通り。
いずれも配布時間は13時から20時。また、実車の展示はない。

丸の内・7/7
新橋・7/8,9,10
有楽町・7/15,16,17
恵比寿・7/22,23,24
新宿・7/29,30,31
品川・8/5,6,7

※写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。