ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年の夏はBBQ×サバゲー!?  薄着で楽しめる新感覚サバゲーフィールド『ASOBIBA AQUA 豊洲』をいち早く体験してきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


あっという間に1年の半分が過ぎ、もうすぐ夏本番。そろそろ夏の遊びの予定を立てている人も少なくないのでは? 旅行にはなかなか行けないけれど、近場で仲間と思い切りはしゃぎたい! という人に今年オススメなのが、7月4日にオープンした『ASOBIBA AQUA 豊洲』。ここではアウトドア遊びの定番“BBQ”が、近年注目の“サバゲー”と一緒に楽しめちゃうんです。筆者はいち早く体験することができたので、その様子をレポートします!

※すべての画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1030717

BBQだけでは物足りない人に! 暑い季節にぴったりの水鉄砲サバゲーフィールド


都心でも気軽にBBQできる施設が増えているここ最近ですが、それだけじゃなんだか物足りない! という人のために今年初めてオープンした『ASOBIBA AQUA 豊洲』。ここではBBQはもちろん、一風変わったサバゲーも一緒に楽しむことができます。


使用するのはコチラ。総合オンラインストアAmazonの協力により、並んでいるものはすべておもちゃストア「プール・水遊び特集」で紹介されている最新型の水鉄砲です。


水鉄砲なんて子どものおもちゃでしょ? と思っていた筆者ですが、Amazonにおける水鉄砲・プールなどの水遊び用おもちゃの売り上げは幅広い年代から年々増加しているのだそうで、2014年では前年の1.6倍にもなったのだとか。


確かに、水鉄砲とは思えないほどしっかりした作り! これには大人も夢中になりそうです。


水鉄砲サバゲーのルールは簡単。金魚すくいで使う“ポイ”を身につけ、チームに分かれて撃ち合ってポイが破れた数を競い合います。


誰もが一度はお祭りで触れたことがある、コレです。“ポイ”って名前だったんですね! 


フィールドの面積は約600㎡。20人程度まで楽しむことができるようです。


必要なものはすべてレンタル可能なので手ぶらで来ても十分遊べます。こだわりのある人は、マイ水鉄砲で参戦したってもちろんOK。


水鉄砲とは言っても結構な大きさで、水を満タンにするとなかなかの重さがあります。筆者もさっそくゲームに参加!


ゲームは2つのチームに分かれて競います。真剣な表情でゲーム開始の合図を待つ“ブラボー・チーム”の女性。


こんなに本気の外遊びは久々で、思わずニヤニヤしてしまう筆者含む“アルファ・チーム”。


開始の合図とともに、一斉に水鉄砲を撃ち合います! エアガンなどを使うサバゲーと違い、なかなかの威力はあれど当たるのは水なので、痛くないところが初心者にも良さげです。これなら薄着でも十分楽しめそう!


水鉄砲の使い方にだんだん慣れてくると、会場で初めて会った人達でも、そうとは思えないほど撃ち方に容赦がなくなってきて笑えます。


筆者はゲーム開始から間もなくポイが破けてしまったので退散しましたが、生き残っている男性や女性はあっという間にずぶ濡れに! 大人がここまで本気になって外遊びできる場所って、東京には意外と少ないですよね。当日はあいにくの曇り空でしたが、晴れた日にやったら絶対もっと気持ち良いはず!


思い切り体を動かした後に食べるBBQの味はまさに格別。BBQ×水鉄砲サバゲー、これから注目の組み合わせかもしれませんよ!
『ASOBIBA AQUA 豊洲』のオープン期間は8月31日まで。場所は豊洲と都心からのアクセスも良く、お台場からも近いので買い物帰りにも気軽に楽しむことができそうです。詳しい情報は公式HPからチェックしてみてくださいね。

ASOBIBA AQUA 豊洲

■オープン期間:2015年7月4日〜8月31日
■営業時間:12:00〜20:00
■料金:
入場料 500円〜
水鉄砲レンタル 500円
※小学生以下は共に無料
※BBQ利用の場合はレンタル無料
■年齢制限:なし
■参加方法:予約不要
■住所:東京都江東区豊洲6-1-14 MAGIC BEACH AREA S
■アクセス:
ゆりかもめ「新豊洲」駅から徒歩2分
有楽町線「豊洲」駅から徒歩15分

ASOBIBA AQUA(サバイバルゲームフィールド ASOBIBA)
http://asobiba-tokyo.com/fields/aqua[リンク]

(写真撮影:wosa)

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP