ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもも、大人も、抱きしめられたい。呉 美保監督最新作が公開中。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『そこのみにて光輝く』でモントリオール世界映画祭の最優秀監督賞を受賞した呉美保監督の最新作『きみはいい子』が公開中。

桜ヶ丘小学校4年2組を受けもつ新米教師・岡野。まじめだが優柔不断で、クラスの問題にも真っ正面から向き合えない。そんな性格ゆえか、児童たちはなかなか岡野の言うことをきかず、恋人ともあいまいな関係を続けている。
そんな岡野と同じ街に住む、主婦・雅美は、3歳の娘とふたり暮らし。ママ友たちなどへ見せる笑顔の陰で、たびたび娘に手をあげ、自身も幼い頃に親に暴力を振るわれていたトラウマをもっている。一方、小学校へと続く道の家にひとりで暮らす老人・あきこは、買い物先のスーパーでお金を払わずに店を出てしまう。店員の櫻井にとがめられ、認知症の兆しに不安な日々を過ごしていた――。

とある街で、それぞれに暮らす彼らがさまざまな局面で出会い、つながっていく。そこで得た思いがけない気づきは、彼らにどんな一歩を踏み出させるのか?

きみはいい子
監督:呉 美保
脚本:高田 亮
出演:高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴、高橋和也、喜多道枝 ほか
(2015年/日本)
公開中
(c)2015「きみはいい子」製作委員会
http://iiko-movie.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP