体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ココナッツオイルの料理以外の意外な使いかた20選

oil1

ココナッツオイルはもっとも健康的な油の1つ。わたしもメインの料理油として愛用してますが、ココナッツオイルにふくまれるラウリン酸にはナチュラルな抗菌効果がありまして(1,2)、クッキングのほかにも美容面で活躍してくれたりします。

というわけで、ココナッツオイルの料理以外の使い道を思いつくままに並べてみます。

1 全身の保湿クリームとして
風呂あがりに顔や体に塗って天然の保湿クリームとして使う。ココナッツオイルは肌の吸収率が高いため、軽く塗るだけならさほどベトつかないのも利点であります。ホント、ムダな成分が大量に入った高価な保湿クリームを買うぐらいなら、ココナッツオイルで十分。

2 小じわ対策として
肌の浸透率が高いのはもちろん、天然の抗酸化成分が豊富なので、普通に肌の小じわ対策としても優秀。目の周りの気になる部分に少しすり込むだけでも、フリーラジカルを適度に除去してくれたりします。

3 ニキビ対策として
肌トラブルを治すには食生活の改善が基本ですけども、バクテリアが原因で起きるニキビの場合は、ココナッツオイルが炎症をおさえてくれるので有効であります。

4 肌荒れ対策として
なにせココナッツオイルには炎症をおさえる作用があるもんで、肌荒れ全般に効いてくれます。湿疹とか赤ら顔のエリアに塗りこむと、症状がやわらぐはず。

5 すり傷対策として
天然の殺菌効果と抗炎症作用が、すり傷の悪化をふせいでくれちゃう。問題の起きたエリアに少量をすり込めばOK。キズの表面にバリアができて天然の化膿止めに。

6 のどぬーるスプレー代わりに
ハーブティかなんかに軽くココナッツオイルをたらして飲めば、ノドのイガイガを解消するためにも役立ってくれます。風邪でノドが痛いときにも有効。

7 花粉症対策に
少量を鼻のなかに塗りつけると、ほどよく粘膜が保湿されたうえに花粉をブロックする働きをしてくれちゃう。この使い方は、個人的にも愛用しております。

8 マウスウォッシュとして
これは「ココナッツオイルを使ったマウスウォッシュのすすめ」にも書いたとおり。抗菌効果が高いので、口内の悪玉菌が減ったり歯肉炎の予防になったり。

9 ヒゲそりクリームの代わりに
こちらは「シェービングクリームはココナッツオイルで万全」に書いております。肌ダメージが少ない優秀なシェービングクリームになってくれます。

10 入浴剤として
大さじ一杯ぐらいのココナッツオイルを、お風呂に入れて使う。保湿の効果が高いのはもちろん、ほんのり甘い香りがただようのもいい感じ。

11 ボディソープとして
マイルドな抗菌効果があるので、過度に良い菌を殺さずに体を清潔にたもってくれる。角質が気になる場合は、ココナッツオイルと砂糖を混ぜて使うのもあり。

12 枝毛対策として
ほんの少しのココナッツオイルを毛先にすり込ませるだけで、市販品と変わらないレベルの枝毛や縮れ毛対策ができる。使う量はあくまでほんの少し。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会