ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チャッピー・アベンジャーズ・ターミネーターなどなど! 何かと話題の「人工知能」モノに注目

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ひと昔前はSF感ただようワードだった「人工知能(AI)」も、近年は科学技術の進歩により、かなり身近な存在になってきた。たとえばiOSの「Siri」など、現在では日常生活に違和感なく人工知能が溶け込んでいる。また、フィクションの世界でも人工知能ネタが扱われることが増え、2015年はとにかく人工知能絡みの映画が目白押し! もはや現実とフィクションの差はなくなりつつあるのかも?

はっきりと「人工知能」とは言わないまでも、自らの意思で動くロボットの存在は、1950年代に『鉄腕アトム』、1960年代に『ドラえもん』と、古くから日本のマンガでも取り上げられてきた。どちらかというと万能ロボット的な側面が強いが、昔から人工知能が注目のトピックであったことが分かります。

そこから2000年代へジャンプすると、『アンドリューNDR114』、『A.I.』、『アイ,ロボット』など、人工知能搭載のロボットを扱う映画がたくさん登場する。同じ頃現実世界では、犬型ペットロボ「アイボ」、2足歩行型ロボ「アシモ」、ロボット掃除機「ルンバ」など、人工知能を搭載したメカがどんどん登場!映画は時代を映す鏡、ということだろうか。近未来SF的な雰囲気にはほど遠いが、現実世界も着々と進化していることがうかがえます。

そして2015年、iPhoneには当り前の様に「Siri」が搭載され、感情認識ロボ「Pepper」が一般発売されるなど、確実に人工知能を取り巻く状況は変化している……というか、かつて描いたSFっぽい世界にかなり近づいていると言えるのでは!?そ んな状況にあわせるかのように、2015年は映画の世界でも人工知能ネタがさく裂しています。

『チャッピー』
若きエンジニアが開発した人工知能を搭載し、生きることを目的とするロボット「チャッピー」が誕生!加速度的に成長するチャッピーだが、誘拐されてギャングのもとで暮らすことになったため、スラングやワルっぽい動作を繰り出すギャングスタA.I.になってしまう、という個性的な描写が個性的。環境によって人工知能の性格も変わってくる…そんな可能性を示した興味深い1本!

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
アイアンマンことトニー・スタークが自らの限界を感じ、平和維持のために生み出した人工知能<ウルトロン>が、思いがけず暴走して人類最大の強敵に!膨大なネットワーク情報と自らの思考により、「平和のためには、争いを起こす人間を消すのが一番」というシンプルな答えにたどり着いてしまったウルトロンは、まさに人知を超えた脅威。信念が人類と相容れないと、人工知能はこんなにも恐ろしい存在になるのか…と実感させられる!

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
人類VS人工知能を備えたロボットの壮絶な戦いを繰り広げられる本作。人類の未来ためにサイバーダイン社が人工知能システム”ジェニシス”を開発するが、自我に目覚め反乱を開始。人間でも機械でもない、史上最強の新型ターミネーターとして人類の前に立ちはだかる。シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネガーのキャラが先行しがちだが、実はこちらも人工知能の脅威を取り上げた、非常に“今風”な映画!

あのホーキング博士も「いずれ人工知能が人類を滅ぼすことになるかもしれない」と警鐘を鳴らすほど、もはや遠い未来の話ではなくなってきている人工知能。これらの漫画や映画をチェックすることで、今後の人工知能との向き合い方を考えるきっかけになるかも?

アベンジャーズたちはは何故闘い続けるのか? 死闘を描いた胸アツPV
https://www.youtube.com/watch?v=N9YSb3NpVqw

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP