体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鏡音リンが歌うあの名曲を舞台に ニコミュ第4弾『ココロ』制作発表の様子

エンタメ
『ココロ』出演者の方々

『ニコニコミュージカル』(以降『ニコミュ』)『ココロ』は、堀江貴文さんが主演を務めた第1弾『クリスマス・キャロル』、『ニコニコ動画』をテーマとした第2弾『ニコニコ東方見聞録』、出演者が全て女性の第3弾『ニコニコニーコ』に続く第4弾。『ニコニコ動画』で活躍するトラボルタPの名曲『ココロ』を舞台にした作品となります。今回の記者発表は第5弾『DEAR BOYS』と合同で行われました。制作発表には秦みずほさん、小松美咲さん、寺門文人さん、及川奈央さんら出演者と脚本・演出の石沢克宜さん、エグゼクティブプロデューサーの片岡義朗さんが登壇しました。※全ての写真を見るにはこちらから(http://getnews.jp/archives/101972)

演出・脚本の石沢克宜さん

第四弾作品の舞台劇『ココロ』は、プログラムによって心を得たロボットのあふれる感情を切なく歌い上げるトラボルタPの楽曲『ココロ』の世界観を元に作られた作品です。舞台劇『ココロ』は、2009 年に水戸市芸術祭演劇フェスティバルで公演が行われ、2010 年には東京で再演されました。演出の石沢克宜さんは『ニコニコ動画』で『ココロ』を聞き、感動し、舞台を作ることを決めたそうです。

秦みずほさん

人間の脳をシミュレーションするプログラム“ココロシステム”を搭載した人型ロボット・鈴を演じる秦みずほさん。「実際に楽曲“ココロ”を聞き、様々な気持ちがこみあげてきました。その気持ちを大切に演じたい」、と決意を語りました。

小松美咲さん

“ココロシステム”を使わずに作られた人型ロボット・リン役の小松美咲さん。「この役をもらえてとても光栄です。ファンの期待を裏切らないように頑張ります」と笑顔。

寺門文人さん

リンを作った科学者・天本役の寺門文人さん。初演、再演共に同じ役を演じています。「面白い作品を作って、劇場でお待ちしています」と作品に自信を持っている様子でした。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会