体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」レポート ポップカルチャーの歩んだ25年

国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」レポート ポップカルチャーの歩んだ25年

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」
6月24日から8月31日(月)まで、東京・国立新美術館にて企画展「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」が開催されています。

本展は、漫画家・手塚治虫さんが亡くなった1989年から2015年現在までのおよそ25年間に焦点を当て、現代日本を代表する漫画・アニメ・ゲーム作品を、8つの章にわけて総合的に展望するというもの。

テクノロジー、現代社会、クリエイターの技術など、テーマごとにさまざまな視点から、日本のポップカルチャーの可能性を再発見することができる展覧会となっています。

展示作品の総数は、実に約130点。ひとつひとつの展示内容も豊富なので、ぜひしっかり時間をつくって観に行くことをおすすめします。

第1章 現代のヒーロー&ヒロイン

第1章-1

展覧会のプロローグとなる第1章では、1989年以降に生まれた作品に登場するヒーローやヒロインを紹介。各作品ごとに立てられたパネルには、キャラクターのビジュアルや説明とともに、作品の映像が映し出されています。

第1章-2

美少女戦士セーラームーン』『少女革命ウテナ』といった90年代の名作から、2000年代を代表する少年漫画『NARUTO-ナルト-』『鋼の錬金術師』、そして『魔法少女まどか☆マギカ』『キルラキル』といった近年の話題作まで。

さながら迷路のようにレイアウトされた作品群を眺めていると、この25年でさまざまな物語がつむがれてきたことが実感できます。

このほかにも、任天堂の人気作「スーパーマリオブラザーズ」シリーズの30周年を記念したパネルも展示されています。

第2章 テクノロジーが描く「リアリティー」──作品世界と視覚表現

第2章-1

続く第2章では、90年代の劇的な技術革新を背景に誕生した、高度なテクノロジーやネットワーク社会などをテーマとした作品や、デジタル映像技術を駆使した作品を紹介。

第2章-2

展示作品は、「機動警察パトレイバー」シリーズや『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』『サマーウォーズ』、そして『ファイナルファンタジーⅦ』『METAL GEAR SOLID』といったCG技術を駆使したゲーム作品も。

第2章-3

作品映像や説明とともに、原画や設定資料などが展示されているコーナーもあり、緻密に描かれた作品ができるまでの過程を詳細に知ることができます。

本展で展示されている一部のゲーム作品は試遊することも可能となっており、今となっては当たり前の技術も、当時は非常に衝撃的な革新だったことが思い出されます。

1 2 3 4次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy