ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空の旅に新風!米国西海岸の飛行機に月1500ドルで乗り放題のサービス登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事で頻繁に飛行機を利用するというビジネスパーソン向けの新サービスが、米国で登場した。

月1500ドルで米国西海岸エリアの飛行機が無制限に利用できるというものだ。

・米国全土に拡大も視野

スタートアップ「OneGo」がこのほど試験的に開始し、手始めにサンフランシスコやロサンゼルスといった西海岸の14都市を結ぶ30路線以上でサービスを提供している。

ゆくゆくは米国全土に拡大する考えのようだ。

OneGoの最大の売りは、定額で乗り放題という、乗れば乗るほどにおトクであること。

アメリカンやデルタ、ユナイテッドといったメジャーな航空会社の便のエコノミー席を利用でき、しかも機内WiFiサービスも無料で利用できる。

・予約はスマホアプリで

また、フライトの検索や予約が24時間いつでもアプリで行えるという手軽さもメリットだ。

手元のスマホでさっと座席を抑えられるのは忙しいビジネスパーソンにとって便利だろう。

ただし、予約は7日前まで(キャンセル不可)。また、同時に予約できるフライトは4本までとなっている。

・直前予約ができるプランも

もちろん、前日に出張が決まったり変更を余儀なくされたり、あるいは1カ月に4回以上飛行機を利用するのが確実、というケースもあるだろう。

そうした人向けに、プラス1000ドルで直前予約もできる、プラス500ドルで同時に8本まで予約できる、といったオプションも用意されている。

ちなみに、このサービスでの搭乗では普通にマイレージも貯められる。飛行機がより身近な乗り物になりつつあり、日本でもこうしたサービスの需要はあるかも?

OneGo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP