ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アートとデジタルの融合!フェイクファー上に自分の姿を映し出すユニークな魔法の鏡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

芸術家がテクノロジーを用いると、時としてとんでもなく斬新な発想を、生み出すことがある。

ニューヨークを拠点に活躍するアーティスト、Daniel Rozinが発表したのは、全面フェイクファーで覆われた「pom pom mirror」。

毛むくじゃらで奇妙なこの物体。その正体は、928個のフェイクファーとモーションセンサーで構成された、「魔法の鏡」である。

・Kinect センサーを介して人物の動きがファーに映される

秘密は、ゲームでおなじみのKinect センサー。この鏡の前に人が立つと、センサーが作動して、人物の体の動きを認識する。

そのモーションが直接ファーに伝わるため、あたかも毛糸が、そのまま姿見になったかのような、印象を与えるのだ。

Rozin氏は、過去にも同じ手法で、木材やメタルを使った鏡を、製作しているという。

この「pom pom mirror」も、その延長線上にあるものと考えられるが、それにしても斬新。クリーチャー的雰囲気も手伝って、各メディアの話題をさらった。

・Vimeoで動画を公開中

ニューヨークのbitforms ギャラリーに展示され、好評を博した本作。現時点でRozin氏自身のホームページには、掲載されていないため、一般向けの販売は未定と思われる。

いったい、どんな動きをするのか。百聞は一見にしかず。動画共有サイト「Vimeo」に動画がアップされているので、その目でぜひ確かめていただきたい。

pom pom mirror/Vimeo
pom pom mirror/bitforms gallery

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP