ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3Dプリントで、わずか数十ドルで義手を制作 メンバーをサポートするコミュニティ「E-nable」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生まれつき、あるいは事故やケガなどで、手や指をなくす人もいる。義手は大きな助けとなるものの、専門的な義手はとても値が張り、誰でも簡単に手に入れられるものではないのが難点。

・コミュニティが3Dプリントで義手を制作

そこで、子どもから大人まで、手や指の不自由な人をサポートしようと、有志が立ち上げたコミュニティが誕生した。「E-nable」というグローバルなネットワークで、3Dプリントの技術を使って、義手を提供しようという試みである。

・専門家などのボランティアで形成

コミュニティは何千人というボランティアメンバーで構成されており、義手デザイナー、研究者、エンジニア、作業療法士など、知識や技術をもった専門家をはじめ、学生や家族らが参加。

・わずか数十ドルで義手を入手できる

コミュニティに登録しているメンバーのために、協力しあって、その人向けの義手を制作する。

3Dプリントの義手なら、素材が安くて済むため、わずか20~50ドル程度で作成することが可能だという。より多くの人が気軽にサービスを利用できる意義は非常に大きい。

ちなみに、デザインデータは「E-nable」に寄付することもでき、他メンバーは自由に、無料の共有ソースを利用できる。

・今後は世界に活動エリアを拡大

「E-nable」はGoogle+のグループシステムを使って運用されており、これまでに800以上の義手制作をおこなったという。

現在のところ、アメリカ国内のみで活動をおこなっているが、今後は、発展途上国を含め、世界へと活動拠点を広げて生きたい意向だ。

資金援助を受けて、昨年末にハイチのAlbert Schweitzer病院を訪問したのは、その第一歩だという。

E-nable

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP