ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元祖スーパーモデル山口小夜子に捧ぐ! 現代美術館に展示中の超大作をDOMMUNEで世界初配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫


宇川直宏(DOMMUNE)「小夜子の世界夜話」~Dedicated to 山口小夜子 9.19.1949 – 8.14.2007
グラフィックデザイナー/映像作家/現代美術家の宇川直宏さんが、伝説のファッションモデル/ファッションデザイナーの故・山口小夜子さんに捧げる3時間半の映像作品「小夜子の世界夜話」を、6月22日(月)20時よりライブストリーミングチャンネル・DOMMUNEにて世界初配信する。

同作品は、6月28日(日)まで、東京都現代美術館で開催される展覧会「山口小夜子 未来を着る人」にて展示されている作品。

ウェアリスト・山口小夜子に捧げる

展覧会「山口小夜子 未来を着る人」は、神秘的な東洋の美を体現するトップモデル、クリエーター、パフォーマーとして活躍し、自らをウェアリストと名乗っていた故・山口小夜子さんの活動のアーカイブと、山口さんと共に時代を並走してきた作家陣による新作インスタレーションで構成された展覧会。

展示中の「小夜子の世界夜話」は、宇川さん自らが取り組むプロジェクト・DOMMUNEのフォーマットに乗っ取った“山口小夜子に捧ぐ山口小夜子番組”となっている。

同作品は、「もし存命であれば絶対DOMMUNEでレギュラー番組を依頼していた」という宇川さんが、「小夜子さんに観て頂く為だけの小夜子さん番組」というコンセプトのもと制作し、山口さんのマネキンに視聴してもらうという設定の美術作品。

3時間半という長尺のため、美術館で全編を鑑賞することができなかった観客からのリクエストに答え、現在展示中にも関わらず特別に配信が決定した。

また、今回限りのスペシャルプログラムとして5月30日に東京都現代美術館のエントランスホールで行われたイベント「小夜子 光と闇の夜」での宇川直宏 with ハチスノイトの約15分のパフォーマンス「Requiem for the Wearist / ウェアリストに捧ぐレクイエム」も初配信される。

引用元

元祖スーパーモデル山口小夜子に捧ぐ! 現代美術館に展示中の超大作をDOMMUNEで世界初配信

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP