ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大人になっても読みたい児童文学】『エルマーのぼうけん』(作:ルース・スタイルス・ガネット 絵:ルース・クリスマン・ガネット)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


幼い頃に読んだ絵本や物語を、ふと思い出してしまうことはありませんか。大人になってからも、心にひっかかっているあのシーンや、あのフレーズ。この記事では、そんな懐かしい児童文学作品をご紹介します。今回は、『エルマーのぼうけん』(作:ルース・スタイルス・ガネット 絵:ルース・クリスマン・ガネット 訳:渡辺茂男/福音館書店)です。

『エルマーのぼうけん』

主人公のエルマー・エレベーターは、ある日、年老いた野良猫に出会います。「空を飛んでみたい」と語ったエルマーに、猫は“どうぶつ島”で会った、かわいそうなりゅうの話をします。
“どうぶつ島”はジャングルが生い茂り、猛獣ばかりが住んでいる恐ろしい場所。島の真ん中には、大きな川が流れており、橋はかかっていません。だから、向こう岸に渡るのも、上流まで一周りして行かないといけないので、動物たちはとても不便に思っていました。そんなある日、島へ子どものりゅうが雲から落っこちてきます。りゅうは、羽を怪我したせいで、雲に帰ることができません。それを良いことに、動物たちは、りゅうの首に縄を付けて、川渡しの便利な道具として使うことにしたのです。かわいそうに思った猫は、そのりゅうに『いつかきっと助けてやる』と約束して、“どうぶつ島”を後にしました。
その話を聞いて、エルマーはりゅうを助けに行くことを決意します。果たして、エルマーは無事にりゅうを助け出すことが出来るのでしょうか……。

“エルマーのもっていったのものは、チューインガム、ももいろのぼうつきキャンデー二ダース、わゴム一はこ、くろいゴムながぐつ、じしゃくが一つ、はブラシとチューブいりはみがき、むしめがね六つ、さきのとがったよくきれるジャックナイフ一つ、くしとヘアブラシ、ちがったいろのリボン七本、『クランベリいき』とかいた大きなからのふくろ、きれいなきれをすこし、それからふねにのっているあいだのしょくりょうでした。”
(『エルマーのぼうけん』P.19から抜粋)

エルマーがリュックサックに詰め込んだのは、これでどうやって動物たちに向かって行くのだろうと、心配になるくらい平和的で、子どもにとって身近な存在のアイテムばかりです。しかし、エルマーは、これらのアイテムを余すことなく上手く使い、エルマー持ち前の勇気と知恵で、危機を乗り越えます。
例えば、黄色く汚れてしまったツノの色に悲しんでいるサイには、“はブラシとチューブいりはみがき”をあげて、夢中で磨いている間に逃げたり。他にも、ワニのしっぽに、“ももいろのぼうつきキャンデー”を“わゴム”で止めて、橋のようになったワニの背中を歩き、川を渡ったり……。アイテムの使われ方もユニークですが、登場する動物たちもどこか憎めない愛らしい性格が特徴です。

1963年の出版以来、幅広い世代の読者から愛され、国語の教科書にも掲載されている『エルマーのぼうけん』。冒険モノ特有のわくわくどきどき感を味わえるだけでなく、次々と困難を乗り越えるエルマーの賢さに感心したりして、続きが気になって、読み進めていくのが、とても楽しくなる1冊です。
ちなみに、エルマーのお話は、第2作『エルマーとりゅう』、第3作『エルマーと16匹のりゅう』が出版されています。今回、登場したりゅうとエルマーのその後のお話なので、続けて読むと、より楽しめること間違いなしです。

『エルマーのぼうけん』
作:ルース・スタイルス・ガネット
絵:ルース・クリスマン・ガネット
訳:渡辺茂男
出版社:福音館書店
定価:1200円
発行:1963年7月
参考:https://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=831[リンク]

※画像は、株式会社 福音館書店様(http://www.fukuinkan.co.jp/[リンク])より引用しています。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: すえこ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP