体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

週末は白昼夢の中に メディアアートの展覧会『恵比寿映像祭 – デイドリーム・ビリーバー』が27日まで開催

恵比寿映像祭

今回3回目となる恵比寿映像祭、映像は目覚めたまま見る夢、“ディドリーム・ビリーバー”というタイトルがつけられた展示が今週末27日まで恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館で開催されている。入場は無料。

恵比寿映像祭 デイドリームビリーバー!!

メディアアートというと、それほど大きくないモニターの映像をのぞき込むのではと思う方も多いかもしれないが、展示スペースが非常に大きくとられ、まるで作家の夢の世界に入り込むような気持ちにさせられる。

世界各国から様々なアーティストの作品が集められていた。その中からいくつかの作品を紹介させていただく。

恵比寿映像祭

Daniel CROOKS(ダニエル・クルックス)氏の『スタティック No.12(動きのなかに静寂を求む)』。偶然みかけたという太極拳をする初老の男性を撮影し、その映像を加工した作品だ。時空の中に溶け込んでいるようなその映像に思わず見入ってしまう。

恵比寿映像祭

Tania RUIZ GUTIERREZ(タニア・ルイス・グティエレス)氏は、数々の公共の場で映像作品を手がけている。バンクーバーオリンピックに合わせて展示された、物体から放射される熱分布をオブジェに映しだす『時の壷』など作品は巨大なものが多い。今回は美術館に合わせた形の展示となっている。実物もいつか見てみたくなる展示だ。

恵比寿映像祭

しりあがり寿氏の『ゆるめ~しょん:sleep』。実写の身体をトレースして顔をつけたという映像が映されたモニターに薄いカーテンがかけられ、半分眠りの中のような世界を作っている。

恵比寿映像祭

SUPERFLEX(スーパーフレックス)の『マクドナルド浸水』。タイトルの通りマクドナルドの店内どんどん水が流れ込んでくるという20分の映像作品。ぜひ最初から最後まで通して見てほしいとのことだった。

恵比寿映像祭 恵比寿映像祭

Harun FAROCKI(ハルン・ファロッキ)氏の『シリアス・ゲーム』。アメリカ軍が軍事目的で使用しているシュミレーション・ゲームが同時に戦地から傷ついた心で戻ってきた兵士たちのセラピーにも使われている。その二つの映像を同時に映しだすこの作品も少し時間をかけて見ていたい。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。