体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京おもちゃショー2015】スター・ウォーズイヤーを飾る新製品が続々! 各社『スター・ウォーズ』製品を一挙紹介

【東京おもちゃショー2015】スター・ウォーズイヤーを飾る新製品が続々! 各社『スター・ウォーズ』製品を一挙紹介

12月18日に新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開を控えるスター・ウォーズイヤーの2015年。6月18日に東京国際展示場(ビッグサイト)で開幕した『東京おもちゃショー2015』では、昨年に続き『スター・ウォーズ』関連の新製品が盛りだくさんです。タカラトミーとバンダイの2社を中心に、各社が出展した新製品をまとめて紹介します。

親指サイズの『ナノドロイドR2-D2』で注目集めるタカラトミー

toyshow15_sw2

まずはタカラトミーブースの出展内容をご紹介します。入口近くに『スター・ウォーズコーナー』を設け、足を止める人多数。注目度の高さがうかがえました。

toyshow15_sw3

今回の『スター・ウォーズ』製品の目玉は、赤外線コントロールできるロボットおもちゃ『スター・ウォーズ ナノドロイドR2-D2』。6月16日に発表され、『日本おもちゃ大賞2015』で『ハイターゲット・トイ部門』優秀賞を受賞という実績をひっさげてのお披露目となりました。

toyshow15_sw4 toyshow15_sw5

全高わずか30mmと、成人男性の親指ほどのサイズのR2-D2が、リモコン操作できるロボットおもちゃになった製品。ライトセーバー型という心憎いデザインのコントローラーを使用して、「前進」「回転しながら後退」の2種類の操作で動かすことができます。

toyshow15_sw6

移動中は首を振り、前進時には赤いLEDでカメラアイが点灯。コントローラーからは、R2がおしゃべりする6種類の電子音が再生されます。

toyshow15_sw7

単4電池2本が入ったコントローラーの接点に、R2本体を接触させると充電が可能。約10秒の充電で約40秒の走行ができます。チョコマカと走る姿は愛らしく、家庭のダイニングテーブルや職場のデスクの上で活躍しそう。『スター・ウォーズ ナノドロイドR2-D2』は8月8日に発売し、価格は3800円(税抜き)です。

toyshow15_sw8

各種シリーズ製品に加えて7月18日から新シリーズが展開するのが、ダイカスト製ミニカーの『スター・ウォーズ スター・カーズ』。定番の『トミカ』新シリーズとして、『スター・ウォーズ』登場キャラクターを車にデフォルメします。

toyshow15_sw9

帝国軍からはバットモービルみたいな『ダース・ベイダー』、機能美を感じるデザインの『ストームトルーパー』をラインアップ。

toyshow15_sw10

3輪がそれっぽい『R2-D2』、ドア部分に配線がむき出しの『C-3PO』、ドアミラーになった耳が可愛い『ヨーダ』も合わせた全5種類が発売し、価格は850円(税抜き)です。

toyshow15_sw11

やはり『トミカ』シリーズとして2015年1月から展開している『トミカ スター・ウォーズ』は、『ミレニアム・ファルコン』『Xウィング・スターファイター』『タイ・ファイター』『スター・デストロイヤー』が第1弾のラインアップ。

1 2 3 4 5次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。