ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏に涼しい『しじみと煮干しのつけそば』を食す @神奈川県相模原市『貝ガラ屋』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

貝出汁にこだわった、あの『貝ガラ屋』の2015年限定ラーメンの第2弾と言う事で、今回は

『しじみと煮干しのつけそば』

を実食して来ました。『貝ガラ屋』と言えば「しじみ」や「あさり」を使ったスープに定評があり、ラーメンマニアには見過ごせない注目のラーメン屋さんです。

※すべての画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1004273

第1弾は『貝塩ラーメン』

前回はシンプルに「しじみ」を中心に、貝のみで出汁をとった塩ラーメン、その名もずばり

『貝塩ラーメン』

でした。まずはシンプルな出汁を極めると言う事で、言うなれば『貝ガラ屋』の原点回帰とも呼べるラーメンでした。

逆に目新しさこそ無いものの、新しく特別注文した「細麺」を合わせ、夏に向けての「冷やしラーメン」の布石となる一杯で、その新しい麺と貝出汁スープの相性を確かめるラーメンです。

『しじみと煮干しのつけそば』を食す!

そして第2弾となる『しじみと煮干しのつけそば』の実食となります。

その名の通り「しじみ」を主体にした貝出汁スープに、少しの「あさり」を追い出汁して、麺の入った丼に「煮干し出汁」を貼った「つけ麺」です。

(麺で見えませんが、中に煮干し出汁が隠れています)

『貝ガラ屋』の濃厚な貝出汁スープ

『しじみと煮干しのつけそば』の「つけ汁」は『貝ガラ屋』の得意とする貝出汁スープです。

「しじみ」を大量に使い、想像以上に濃厚な貝出汁スープに仕上がっています。

従来は「ラーメン」に使う事が多かった「しじみベースのスープ」ですが、今回は「つけ麺仕様」なので少量の「あさり」を追い出汁して、従来よりも濃厚なスープになっています。

麺は前回と同じ特注の細麺

『しじみと煮干しのつけそば』に使われる麺は、前回と同じ特注の細麺ですが、実はこの細麺は

「冷やしラーメンを視野に入れている」

との事らしいので、今回の『しじみと煮干しのつけそば』に、もっとも適した細麺になります。

いや、むしろ『しじみと煮干しのつけそば』を作りたかったが為に、今までの麺に改良と加えて、この麺が出来たと言っても過言ではありません。

新しい発想の「冷やしそば」

今回は「煮干し出汁」とのダブルスープですが、その形態が従来のラーメンの常識を覆す斬新なスタイルになっています。

「麺の丼に煮干し出汁を注いでおく」

つまり、最初は貝出汁の「つけ汁」と麺で味わい、後半は「煮干し出汁」を加えて

「冷やしラーメンとして二度楽しむ」

と言う嗜好になっているのです。この斬新な発想が『貝ガラ屋』が注目される要因のひとつになっています。

常に新しいラーメンを模索しつつ、決して歩みを止めない姿勢にラーメンマニアは注目しています。

チャーシューとメンマも美味い!

そしてサイドを固める具材もバッチリです。

メンマは、過去に何かの限定で出した時に、美味しいと評価が高かったメンマを、それ以来『貝ガラ屋』の定番にしています。

チャーシューは「肩ロース」を低温調理したモノです。

真空パックなどで密閉し、湯を張った鍋にかけて低温調理する事で、肉の旨味がスープなどに流れる事なく、タレの味が染み込みます。

『しじみと煮干しのつけそば』 総評

と、言う訳で今回もレベルの高い、斬新なラーメンを食べる事が出来ました。

特に「しじみ」を主体にした貝出汁の「つけ汁」は、牡蛎ほどのインパクトは無いものの、シンプルな力強さを感じる完成度の高いスープでした。

しかし、その貝出汁の「つけ汁」に比べて、若干「煮干しスープ」が弱いようにも感じました。

これは出汁の取り方が悪いと言うよりは、スープの温度にあると思います。

どうしても冷たい状態のスープは香りが弱くなるので、スープを作った時に比べて

「スープ自体が細く感じる」

ような気がします。また「煮干し」だけのスープなので、鯖節やアゴを使った出汁に比べて弱い点が、全体的な「印象の薄さ」に繋がっていると思います。

そう考えると「冷やしラーメン」は、暖かいラーメンに比べると、色々と難しいモノがあるのかもしれませんね。

やはり冷たいスープは風味や香りが弱くなってしまいます。

しかし、そこは創作系も得意な『貝ガラ屋』ですから、また色々な試作の限定ラーメンを提供し、筆者も驚くような「冷やしラーメン」を作ってくれると思います。

それでは、みなさんも是非『貝ガラ屋』に訪れてみて下さい。

限定ラーメン以外でも『濃厚牡蠣つけ麺』なども人気があるので、一度は食べて欲しいラーメンです。

『貝ガラ屋』

住所:神奈川県相模原市 中央区淵野辺本町 3-24-3

営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00

定休日:月曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP