ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

剛力彩芽のメンタルが強いのは「ひきずらない」から?

剛力彩芽のメンタルが強いのは「ひきずらない」から?

 出演作がヒットしたら人気者になり、低視聴率が続けばあちこちで叩かれるという、浮き沈みの激しい芸能界。
 そんな芸能界で、「低視聴率女優」と何ともありがたくない“あだ名”を、ネット上のアンチからつけられてしまっているのが女優の剛力彩芽さんだ。主演ドラマ『天使と悪魔』も低調なまま終わったことを考えると、彼女にかかるプレッシャーの大きさは容易に想像できる。
 しかし、アンチの批判的な声に負けない彼女の「打たれ強さ」は以前から定評がある。日々ノルマと売上目標に追われ、ストレス性の胃痛と抜け毛に悩むサラリーマン諸氏の中には「そのメンタル欲しい!」と密かに思っている人もいるかもしれない。

 今回はそんな人のために、『引きずらない人は知っている、打たれ強くなる思考術』(豊田圭一/著、クロスメディア・パブリッシング/刊)から「逆境に強い人」「打たれ強い人」になるためのポイントを紹介したい。

■失敗にひきずられない
 打たれ強い人は、失敗のとらえ方に特徴がある。それは、失敗を引きずらない点だ。
 彼ら(彼女ら)は、なぜ失敗を引きずらないのか? ここで考えるべきキーワードは、想定内の失敗と、想定外の失敗。というのも、想定外の失敗はダメージが大きく、引きずってしまいがちだからだ。
 逆をいえば、どんなときでも「失敗するかもしれない」と心の準備をしておくことで、いざ失敗したときのダメージを最小限にとどめられるのだ。失敗を引きずらず、すぐに「ここから、どうすればよいか?」を考えられるようになる。
 つまり、失敗したときに「これは想定内」と思えるかどうかが、打たれ強い人になれるかどうかの分かれ目なのだ。

■ふたつの視点を持てる
 何かネガティブな状況に置かれたとき、落ちこみを長引かせないためには、その状況をできるだけ客観的にとらえることも欠かせない。
 たとえば上司に怒られたとして、自分の心理状態だけでなく、上司が怒った理由にも想像力を働かせることができれば、同じ失敗を繰り返さないための道筋が見えてくる。
 自分と相手、ふたつの視点から現状を俯瞰できること。これも落ちこみを長引かせない、打たれ強い人の特徴だといえるだろう。

■ストレスを回避できる
 打たれ強さに直結するのが、ストレス耐性の高さ。ただ、ここでいうストレス耐性とは、ストレスに真正面から向き合うというよりもストレスを逃がす技術のこと。つまり、ストレスを自分の意識の外に追いやることが重要だといえる。
 では、具体的にどうすればいいのか。ひとつ有効なのは、「目の前の作業に集中すること」。直面している困難やストレスの原因となっているできごとを、細かく分解し「やるべき作業」のレベルにまで落とす。あとはそれを粛々と進める。
ストレス回避をうまくできれば、問題が起きたときパニックにならずにすみ、立ち直りも早くなるだろう。

 結局、三つの特徴からいえるのは、切り替えの早さが打たれ強さにつながるということ。本書には他にも、うまく切り替えるための方法が示されている。落ちこむことが多い人は一度、手にとってみてはいかがだろうか。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
目標の実現が遠のくNGメンタル
メンタル管理に最適!お風呂の活用法
人は自分を過小評価しすぎ?夢をかなえるメンタル

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。