ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

孤高のゲーム会社 グラスホッパー・マニファクチュア、全作品を一冊に網羅

孤高のゲーム会社 グラスホッパー・マニファクチュア、全作品を一冊に網羅

『アートオブ グラスホッパー・マニファクチュア』表紙
日本のゲーム業界でも、ひときわ異彩をはなった作品で知られるゲーム会社・グラスホッパー・マニファクチュア

同社が制作した全作品のアートワークを掲載した書籍『アート オブ グラスホッパー・マニファクチュア』が、パイ インターナショナルより5月19日(火)に刊行される。価格は2,800円(税別)。

本書では、同社が17年間に渡り手がけ続けてきた作品たちのアートワークと、代表をつとめるゲームクリエイターの須田剛一さんが執筆した開発秘話などが収録される。

孤高のゲーム会社によるアート作品

グラスホッパー・マニファクチュアは、全世界で100万本以上を売り上げたアクションゲーム『ロリポップチェーンソー』をはじめ、個性にあふれた作品を手がけることで知られるゲーム制作会社。

その代表である須田剛一さんは、短編アニメ配信プロジェクトシリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」にて公開された「月影のトキオ」において、原作と脚本を担当した事でも注目をあつめた。

本書では、同社のデビュー作である『シルバー事件』や、海外デビュータイトルである『killer7』、キャラクターデザインを『ファイアーエムブレム 覚醒』などでも知られるコザキユースケさん、メカニックデザインを、ディズニー映画『ベイマックス』に参加した事でも知られるコヤマシゲトさんが担当したことでも有名なアクションゲーム『NO MORE HEROES』など、指折りの名作を余すことなく掲載。

上述の他にも、猫将軍さん、林田球さん、前田真宏さん、吉田明彦さんら名だたるゲストアーティストによるアートワークも多数収録。設定資料、コンテ、イメージボード、パッケージアートなど、お倉出しを含めた数々のアートが収められる。

また、ゲーム企画の立て方や売り方、海外での反響にいたるまでを、須田剛一さん自らが執筆。開発当初の状況や、コンセプトを語る回想録も掲載される。

さらに、『ロリポップチェーンソー』でキャラクターデザインをつとめたイラストレーター・猫将軍さんによる応援イラストもWeb公開された。

これまで、数々の話題作を手がけてきたグラスホッパー・マニファクチュアの全てが詰まっているので、ゲーム開発を志す人やファンならずとも見逃せない1冊となっている。

引用元

孤高のゲーム会社 グラスホッパー・マニファクチュア、全作品を一冊に網羅

関連記事

1999年にネット文化を予見した『シルバー事件』が凄すぎる・・・
アニメ業界の内と外 『月影のトキオ』の7分に込められた思いとは?
神風動画の新作SFアニメが美しすぎる…! 月の番人と侵略者を描く

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy