ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FULLARMOR「NEW DEPARTURE」インタビュー

fullarmor_1

 

ストレイテナーのホリエアツシと日向秀和、LITEの井澤惇、Nothing’s Carved In Stoneの大喜多崇規からなる4人組インスト・バンド、FULLARMOR。昨年の年始に再始動を発表した彼らが6年ぶりとなる配信限定のシングル「DEPARTURE」をリリースする。これまでは井澤とのツインベースの編成だった日向が今回はギターを手にしたところから制作をスタート。枠組みを意識せず、創作欲求を解き放ったことで、聴き手が気の向くまま自由に楽しむことが出来るフリーフォームな2曲が完成した。この作品を残して出発した彼らは果たしてどこに向かったのだろうか?

 

――FULLARMORはストレイテナー、LITE、Nothing’s Carved In Stoneのメンバーが集ったスーパー・バンドであり、2002年の結成から息の長いバンドでもありますよね。

大喜多「結成から考えると活動歴は結構長いんですよね」

ホリエ「ゆったりとした13年……」

日向「だって、何もしてない時期もありましたからね」

――ははは。音のテンションに対して、バンド自体はゆるい、と。

大喜多「結成も3人の飲みから始まってますからね」

日向「そうなんだよね。(ホリエ)あっくんが2人時代のストレイテナー、僕がART-SCHOOLをやってた時、あるきっかけで飲み友達になったんですよ。で、リハ終わりでベースを持ったまま、あっくんの家で飲むことになって、飲みながら部屋でベースを弾いてたら、『お、それ、カッコイイじゃん!今度一緒に音出したい』って。その時、あっくんから『すごい上手いドラマーがいるから』ってことで、オニィ(大喜多)を紹介されたんですよ」

ホリエ「最初は遊びでセッションしてたんですけど、曲を作るのが楽しくて、気づいたら、盤を作るにいたるまで盛り上がって」

日向「2003年に出した最初のアルバム『FULLARMOR』は全4曲の録りからミックスまでを丸一日で仕上げるっていうキツい進行だったんですよね」

fullarmor_6 fullarmor_4

――そして、2006年にはLITEのベーシスト井澤くんが加わるわけですが、ひなっちも同じくベーシストですから、編成としてはツイン・ベースのバンドということになりますよね。

ホリエ「パートがどうこうというより、それ以前は後輩がいなかった僕らが一世代下の格好いいバンドと出会ったことが大きかったんです。しかも、井澤はストレイテナーやART-SCHOOLが好きとか、そういう立ち位置の人間じゃなかったんですよ」

井澤「で、ある時、ひなっちから『ライヴがあるから観に来てよ』って言われて、下北沢のBASEMENT BARに行ったら……」

日向「勝手に僕がそのライヴ中に『井澤が加入することに決まりました』って言っちゃったんだよね(笑)」

井澤「一回も音合わせしてなかったのに!」

日向「ベーシストだとか、ツイン・ベースだとか、そういうことよりも井澤の感性が面白かったから、一緒に音を出したいっていう。そういうことだったんですよ」

――FULLARMORは”完全武装”っていう意味ですよね。お話をうかがっていると、完全武装どころか完全無防備じゃないですか。

ホリエ「はははは」

日向「真っ裸で立ってる人間兵器みたいな(笑)。でも、井澤が入ったことによって、3人時代より活動的になりましたからね」

井澤「パートといえば、リハのためにみんなのスケジュールを押さえるのが僕の仕事になるのかもしれませんね(笑)」

fullarmor_7

 

fullarmor_3

――ロックの決まりごとから解放されることにポスト・ロックの意義があることを考えると、自由度の高いFULLARMORの在り方はまさに、といった感じですね。

日向「自分のことで言えば、今のFULLARMORは一人のベースプレイヤーというより、一人の音楽人として活動出来る場として定着していて。楽器にとらわれず、音を出すことに意味がある場は、FULLARMORならではなんです。しかも、自由にやっても、みんな音のセンスがすごいから、最終的には音の構築具合が気持ちいいものになるんですよね」

井澤「僕のなかで、この4人は冒険好きのイメージがあって、それでいて、音との接し方がニュートラルで、無理な力がかかってないんです」

ホリエ「そう、マニアックなことをしたいわけじゃないもんね」

日向「泣ける映画みたいなものにも興味あるし、その辺は直感的だよね」

井澤「4人にはそれぞれがメインで活動するバンドがあるからこそ、それとは違う冒険の仕方を好奇心だけで追求することに、FULLARMORのモチベーションがあるし、モチベーションが高まった時期に活動を再開するんです。だから、今はまさにそういう時期なんじゃないかな?」

日向「今回、僕がFULLARMORをまたやりたいと思ったのは、アコースティック・ギターを買ったことがきっかけなんですよ。以前からFULLARMORでアコギの曲をやってみたいと考えてはいたんですけど、そのきっかけがなかなかなかったんですね。でも、買ったアコギを鳴らした瞬間に「また、FULLARMORをやりたい!」って思ったんですよ。まぁ、でも、そういう心境にいたるまで、6年かかっちゃったんですけどね(笑)」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy