ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都:4/10~13限定】六角堂・桜ライトアップと華道・池坊がコラボレーション

京都六角堂桜

いけばな発祥の地である京都・六角堂で『夜の特別拝観~六角堂といけばな作品 ライトアップ~』が開催されると聞き、さっそく初日の今日、足を運びました。

六角堂では、桜咲き誇る境内をライトアップ。さらに、隣接する池坊会館では、日本有数の華道家が生けた1,000作以上のいけばな作品の展示も! 私の行った10日はあいにくの雨でしたが、それでも、咲き乱れる花々に囲まれて、幻想的な春の夜をを過ごせました。

京都・六角堂の桜に魅せられて……

開催期間は平成27年4月10日から平成27年4月13日。その間、六角堂と華道・池坊のコラボレーションが実現。灯籠で照らし出された六角堂は圧巻です! 時間の流れを忘れて、うっとりしてしまいました。多くの人が夢中になって写真を撮っていたのも納得。もちろん私もその一人でした。

雨だから美しさも半減かな……と思っていましたが、そんなことはありません。雨だからこその情緒ってあるんですね。桜に滴る雨の雫は、ライトアップの光を反射してキラキラ輝きましたし、じんわりと広がる水面の波紋も素敵でした。

京都六角堂_池坊

そもそも池坊って……?

ここで少しだけ『池坊』について説明しましょう。池坊とは、室町時代後期に池坊専応が確立した華道のことです。現在、いけばなには多くの流派がありますが、根源である池坊は、名称に「流」や「派」を付けず、『華道家元池坊』と称しているのだそう。つまり、「池坊の歴史=日本のいけばなの歴史」といえるのです。
そして、桜ライトアップと同時開催されている『春のいけばな展』では、いけばなの根源・池坊が誇る日本トップレベルの華道を鑑賞できます。

京都六角堂ライトアップ

屋外では六角堂の桜を、室内では池坊のいけばな作品を……見ごたえたっぷりの春の六角堂。喫茶店も併設されているので、ゆっくりと花を楽しむことができました。ぜひ、京都のお花見シーズンのフィナーレに訪れてみてはいかがでしょうか?

▼詳しい情報はこちらから
『夜の特別拝観』
住所: 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町
TEL:075-221-2686
http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/yakan.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 南條 祐弥) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。