ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オンライン上の写真が数秒でポストカードに!おじいちゃんおばあちゃんも嬉しい「Tandem Lane」

Tandem Lane

これまでも多くのサービスが大切な人とのコミュニケーションを、より良いものにしようとチャレンジしてきた。

例えば家族間限定のクローズドSNSのような形で、祖父母が遠くにいても孫の様子を把握できるサービスはその典型といえる。

ただ、一方で若い世代はITに抵抗がない人が多くオンライン上だけで問題を解決できたとしても、上の世代になるとどうしてもITやSNSに抵抗があるという人も多いだろう。かといって頻繁に手紙を書いたり、写真を送ったりするのも大変だ。

そんな問題を解決してくれるのが「Tandem Lane」だ。SNS上でのやりとりのような手軽さで、大切な人に実物のポストカードを送ることができるサービスだ。

・数十秒であっという間にポストカードができあがる

「Tandem Lane」の最大の特徴はその手軽さだ。ユーザーはポストカードのレイアウトを選択した後、FacebookやInstagram、スマホのカメラからポストカード化したい写真を選ぶ。

後は任意でショートメッセージと相手の住所を入れるだけ。たったこれだけで数日後に相手の自宅に実物のポストカードが届くのだ。

・1枚約2ドルから。気軽に使えるコミュニケーションツール

料金も手軽で1枚が1.99ドル。手間もお金もほぼかからないため、相手がSNSを使ってない場合にも気軽に使える点がポイント。

シンプルながら人の心を暖かくする、素敵なコンセプトのサービスである。
Tandem Lane

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy