ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役ライダーも未来のライダーもみんな集まれ!『第42回東京モーターサイクルショー』

IMG_1160_R

東京ビッグサイトで開催されている、バイクの春の祭典「第42回東京モーターサイクルショー」を取材した。初日午前中は関係者およびプレス向け公開で、まずは開会式が執り行われた。

IMG_1092_R

開会式は主催者代表のあいさつに続いて、開会が宣言され3日開催の幕が切って落とされた。

IMG_1059_R

バイクと言ってもなにも買って乗るだけではない。モータースポーツも盛んで、普段はじかに見ることができないレース仕様バイクの展示もある。

IMG_1061_R

警視庁も完全サポートで、憧れの白バイを展示しているが、期間中は子ども連れでも楽しめるように制服貸し出しによる撮影会、女性白バイ隊「クイーンスターズ」による模範走行、28日は大島優子さんを招いての楽しく学ぶ交通安全ステージ、白バイ隊員によるワンポイントレッスン等、企画も盛りだくさんだ。

IMG_1145_R

福島県にあるエビスサーキットは東北サファリパークもあり、レースはもちろん動物とも触れ合える楽しいサーキットなのでぜひ来てください!とコンパニオンが案内してくれた。

IMG_1126_R

アメリカのバイクはとにかくビッグだ。コンパニオンにどこがかっこいいですかと聞いてみたら、ここです!とクランクケースのあたりを指してくれたので、クランクケースを中心にして撮影。

IMG_1123_R

でかいことはいいことだと言わんばかりの大きさに、小柄のコンパニオンがさらに小さく見える。

IMG_1114_R

車両メーカーやパーツ・アクセサリー、バイク関連の出版社等、関連企業が多く展示している中で、日本二輪車普及安全協会が行っている「グッドマナーJAPAN RIDERS」。国の目標である二輪車の台数を45万台から100万台に、世界の二輪車シェアの50%を日本製というものが示されている中で、とかく二輪車に付きまとう悪いイメージ。これを払しょくしなければ二輪車の未来はないということで、現役ライダーの意識を変えてもらい、マナーアップに努め二輪車の普及を一層目指そうというものだ。また、子どもたちにも将来のライダーとしてバイクの魅力と楽しさ、そして何よりも大切な安全運転意識を楽しく学んで知ってもらうことにより、二輪車の未来を担ってもらおうというものだ。期間中、ブースを訪れ自分のマナーの言葉を書いて提出するとオリジナルステッカーがもらえる。これを愛車に貼って、ライダー同士のマナーアップ向上に一役買いたいものである。

IMG_1104_R

現役ライダーが楽しみにしているイベントと言えばやはり試乗会だろう。ニューモデルや人気モデルを体感できる。初心者向けのスローペースの時間帯も設けてあるのでビギナーでも安心だ。なお、入場券購入者で免許保有者なら参加可能だ。ただし、保険料等500円が別途必要。時間別の整理券を配布する。

IMG_1171_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。