ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

風来坊の力也 北海道から九州まで2400kmヒッチハイクの旅 11日目「大阪 四角公園、三角公園」

DSC_0095

風来坊力也のヒッチハイク旅
3月19日のLIVE放送

風来坊力也の旅日記

今日は1日大阪の町を巡る旅となった。

hqdefault~01

『西成』
商店街では物価の安さに驚かされる。
ラーメン、うどん、なんと200円。
定食でも500円の所がほとんどで、しかも量が多い。

5216178~01

とある食堂で昼食をとる。
カラオケのあるちょっと珍しい食堂、女将さんの歌声に誘われるようにのれんをくぐった。
うま煮定食600円、ついでにカラオケも一曲。
「大阪で生まれた女」女将さんとのデュエットが楽しかった。

28078560~01

地元民自ら「犯罪者の町」と揶揄するほど治安が悪い所で有名だが実際はそうでもない。
ただ一部とても危険な場所があるのは間違いなかった。
四角公園へ向かう。
ちょうど炊き出しの時間、長い列を作っていた。
この列に終わりはない。
皆、一度配膳されたら食べながらもう一度並ぶ為列が途切れない。
様々な物が路上販売されていた。
映画DVD、カセットテープ、靴、使えるのかよく分からない家電製品、そのほとんどが100円で流通していた。

続いて三角公園に到着、公園に住まわれている方達が焚き火を囲んで談笑していた。
自分もその輪に入らせて頂く。
ひとりの男性がパンを差し出してきた。
「あんたパンほしそうな顔してんなーこれ食えよ」
チョコチップスティックパン、お言葉に甘えて1本頂いた。
同じ釜の飯を食う、少し打ち解ける事が出来て嬉しかった。

路地に入ると綺麗な家電製品が売らている店を見つける。
生放送のカメラを向けるとハンマーを投げられる。
写してはいけない場所だったようだ。
「西成、カメラ片手とか刺されるぞ」
その言葉が決して脅しでないことがよく分かった。

20100609_20975~01

西成はその日暮らし、家がなく野宿をされる方が多い。
そんな生活から抜け出そうと頑張っている人が沢山いた。
西成のマンションは家賃20000円~30000円(光熱費込み)食費なども含めても月8万あればまともな生活が出来る。
衣食住がここまで安い理由。
この町は頑張る人に優しい町なのだ。

20091116160013~01

『飛田新地』
最後に飛田新地を観光。
小さな家に若い女性が光に照らされ座っていた。
こちらに気付くとヒラヒラと手招きされる。
現実感を疑うほど美しい女性。
カメラを向けると手前に座る老婆が激昂する。
あまりの迫力に思わず逃げ出す。
すると後ろから怒号を発しながら追いかけてきた。
「待てゴラア!!待たんかああ!!!」
全速力で逃げた。
この事は、記事として書くべきか迷ったが…36歳、恐ろしさのあまり小便を漏らした。
その後、銭湯へ行き、ランドリーで汚れたズボンを洗濯した。

今日は全く進めなかったが、刺激的な観光が出来て満足した。
明日こそ鳥取へたどり着きたい。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「風来坊の力也」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき