ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲーム実況者注目のアクションRPG『Bloodborne』はSHARE機能での実況に対応

『Bloodborne』公式ツイートより

3月26日に発売されるPS4専用ゲーム「Bloodborne(ブラッドボーン)」。美しいグラフィック、没入感の高い世界表現、ハードなゲーム内容などに注目が集まり、発売秒読み段階となってさらに期待感が高まっている。プレイしてみたいと考えているゲーム実況者の皆さんも多いことだろう。

「死闘に次ぐ死闘」が連続する本作はまさにゲーム実況向き。視聴者と一緒にこの闘いの世界に没入しまくって欲しい。

そしてなにより、ゲーム実況者のみなさんにとって魅力的なのは、PS4のSHARE機能を利用したゲーム実況が可能、ということ。

本作はPS4のSHARE機能を使用した実況が可能となっている。対応サービスは以下のとおり。

・ニコニコ生放送
・Twitch
・Ustream
・YouTube

これだけ揃えば、ゲーム実況プレイヤーにとって不足はないだろう。
これまでPS4のゲーム実況をやったことがないというゲーム実況者さんにも是非チャレンジしてみて欲しい。そして、これまでゲーム実況そのものをやったことがないプレイヤーにとっても、ゲーム実況を始めてみるまたとないチャンスだ。

本作を開発したSCE JAPANスタジオとFROM SOFTWAREがうみだした「デモンズソウル」、そしてその精神的続編と言われる「ダークソウル」「ダークソウル2」はいずれもゲーム実況の世界では非常に人気の作品であり、未だにゲーム実況がおこなわれている。今回発売される「Bloodborne」 もそんな作品となるだろう。このゲームで遊ぶことも楽しみだが、みなさんの実況プレイをネットで観ることも楽しみ。発売日が待ち遠しい。

『Bloodborne』公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/bloodborne/

――見たことがないものを見に行こう(ガジェット通信)

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy