ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

若者の○○離れ 傾向と対策(最終防衛ライン3)

若者の○○離れ 傾向と対策(最終防衛ライン3)

今回はlastlineさんのブログ『最終防衛ライン3』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/862837をごらんください。

若者の○○離れ 傾向と対策(最終防衛ライン3)

【1】 若者の○○離れの4つの傾向

「『若者の○○離れ』という「天狗の仕業」」 2013年01月16日 『空気を読まない中杜カズサ』
http://nakamorikzs.net/entry/20130116/1358344959

「若者の○○離れ」と言われて久しいですが、その多くは で上記で紹介したブログの記事タイトルそのままに “『若者の○○離れ』という「天狗の仕業」” にしたもので、分析ににすらなっていないものばかりです。
碌でもない「若者の○○離れ」の傾向と対策は以下の4つに分類できます。

1. 過去と比較しない
2. 若者の人口減少を考慮しない
3. 他の年齢層の減少を無視する
4. 印象で語る

それぞれについて、具体例を示しながら説明していきます。
4つの傾向と対策を述べたら、若者の○○離れがいつ頃から使われるようになったのかを分析します。

【1-1】1. 過去と比較しない

若年層の比率や絶対数が他の年齢層と比較して少なかったので「若者の○○離れ」と結論づける場合。
30代以上もかつては20代だったのだから、20代での割合が低いのは若者が離れたからだ、という考察は正しいでしょうか。調査した内容が年齢上昇に伴い増える項目の可能性があるため、過去と比較しなければ若者が離れたとは言えません。
例えば、持ち家率や結婚率、そして離婚数などは年齢が上なほど増えるはずです。本当に若者が離れているのか見極めるには過去のデータと比較しなければなりません。

「若者のクレジットカード離れが顕著に?20代男性のカード所有率は73.8%と、一般平均の86.8%を大きく下回る結果に(JCBの統計結果)!」 2015年02月21日 『クレジットカードの読みもの』
http://cards.hateblo.jp/entry/wakamono-no-cardbanare/

最近では「若者のクレジットカード離れ」がまさに「1. 過去と比較しない」例です。過去と比較せずに、他の年齢層と比較しただけで若者のクレジットカード離れと述べています。クレジットカードの読みものというブログタイトルなのだから、クレジットカードのことくらいまともな内容を書いていただきたいものです。

JCBが行った過去の調査結果と比較して、本当に若者のクレジットカード離れなのかを考察します。2005年度から2014年度の20代の男性と女性、および全年齢のクレジットカード保有率を抜粋します。2011年度は調査をしたようなのですが、データが見つけられませんでした。もし見つけた方がいましたらお知らせしてくれると助かります。

|年度|男性|女性|全年齢の平均|URL|
|2005年度|77.0|77.0|85.9|http://www.jcbcorporate.com/news/pdf/dr-469.pdf|
|2006年度|68.5|78.1|83.8|http://www.jcbcorporate.com/news/pdf/report2006.pdf|
|2007年度|72.5|78.3|84.9|http://www.jcbcorporate.com/news/pdf/report2007.pdf|
|2008年度|68.8|78.5|85.1|http://www.jcbcorporate.com/news/pdf/report2008.pdf|
|2009年度|71.5|74.1|82.8|http://www.jcbcorporate.com/news/pdf/report2009.pdf|
|2010年度|80.9|81.9|90.4|http://www.jcbcorporate.com/news/pdf/report2010.pdf|
|2011年度*1|―|―|88.1*2|
|2012年度|74.1|77.2|87.4|http://www.jcbcorporate.com/news/pdf/report20112.pdf|
|2013年度|72.2|77.2|86.6|http://www.jcbcorporate.com/news/channelfile/file/report2013.pdf|
|2014年度|73.8|79.3|86.8|http://www.jcbcorporate.com/news/channelfile/file/report2013.pdf|
*1: 調査はしたようだが結果が見つけられず
*2: 2012年から2014年度の報告書より

若者の○○離れ 傾向と対策(最終防衛ライン3)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
https://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/03/wa.jpg

傾向として見て取れるのは、20代男性よりも女性の方が保有率が高いこと。年度毎だと、女性は77%前後で横ばいですが、男性の割合はかなりのばらつきがあります。2005年は77.0%だったのが、翌年には68.5%と10%近く減少。その後2009年まで70%前後だったのが、2010年では80.9%と10%以上も増加しています。2011年の調査結果はありませんが、2012年には74.1%に減少し、その後は横ばいです。
たった一年で10%も増減するのはおかしな話です。平均を見ても2010年が突出して高い結果となっています。20代男性と全年齢の平均の変動は一致しているような、一致してないような。どちらにせよ、この調査結果から、若者のクレジット離れと結論付けるのは難しいと考えます。

また、全年度で20代の保有率は一般平均よりも下回っています。この点は “若者のクレジットカード離れはミスリーディング。突っ込みどころが3点程” *3にも書かれているように、若者ほどクレジットカードの審査に通らないからでしょう。

*3: 「若者のクレジットカード離れはミスリーディング。突っ込みどころが3点程」 2015年02月22日 『なまけるのに飽きるまで』
http://namakeru.hatenablog.com/entry/2015/02/22/083124

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy