ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そろそろ「プログラマー35歳定年説」を徹底論破しとくか(書架とラフレンツェ)

そろそろ「プログラマー35歳定年説」を徹底論破しとくか(書架とラフレンツェ)

今回はaliliputさんのブログ『書架とラフレンツェ』からご寄稿いただきました。

そろそろ「プログラマー35歳定年説」を徹底論破しとくか(書架とラフレンツェ)

世の中に流布している「プログラマー35年定年説」は、大きく以下の3つに分類できる。

・ プログラマーは激務なので、35歳を過ぎると体力低下のために続けられなくなる(体力低下説)
・ プログラマーは常に新しい情報を吸収しなければならないが、35歳を超えると脳の働きが低下して新しいことを覚えられなくなるために続けられなくなる(学習能力低下説)
・ プログラマーは35歳を超えると開発ではない業務を求められるようになるので、技術職としてのプログラマーのキャリアが途絶える(マネージメント原因説)

以下、ひとつずつ検証していく。

体力低下説

まず1つ目の「体力低下説」だが、これについてはそれほど深く考る必要がなさそうに思える。周知の通り気力や体力には個体差があり、若くても元気がないひともいれば歳をとっても元気なひともいる。また、35歳あたりの体力低下の原因としては、単純な加齢というよりも生活習慣の要因の方が大きそうだ。普段から食事や睡眠をしっかり取り、適度な運動をしているならば、35歳でもどうということはないだろうし、そうでないならば25歳だって成人病になったり過労死する人もいる。

また「プログラマーは激務」も、一体どこまで当然としてよい話なのだろうか?確かに過酷な開発現場も多いだろう。しかしプログラマーの仕事の本質は不眠不休コンテストではない。休まずに働けるのが良いプログラマーの条件ならば、人間ではなくキリンでも雇っておけばよいのだ。若者しか勤まらないような過酷な開発現場は単にマネジメントが失敗している一部に存在するだけであり、専門職としてのプログラマーがその専門性を発揮するのに不適切なところだ。

したがって体力低下説は、例外的な一部の不摂生プログラマーや破綻した開発現場にのみ適用される限定的な説であり、元よりそのような専門性を語るに値しない領域の話をプログラマー全体の話として一般化できない。

なお、不幸にしてそのような悲惨な現場に放り込まれてしまった場合のサバイブ術については、事項で少し触れる。

学習能力低下説

次に「学習能力低下説」だが、最近の脳科学の研究成果によると、35歳を超えての学習能力低下は認められていない。もちろん単純な記憶能力は年齢とともに低下するが、論理的思考力や創造性などはむしろ年齢にしたがって上昇するとの研究報告もあり、35歳程度での年齢での学習能力低下を裏付けるエビデンスは現在のところ見つかっていない。
もしプログラマーに求められる能力が丸暗記ならば、プログラマーの定年は35歳どころか20歳だ。しかし知識もさることながら、経験に裏打ちされた問題解決力や創造的思考が重要ならば、65歳くらいまでは常に新しい知識を取り入れつつ経験を積んでいるベテランほど専門性が高まる。

これらの脳科学における研究成果は、そのものズバリ脳と学習との関係について現在までの研究成果を包括的にまとめた『脳からみた学習』*1が大変参考になる。

*1:「脳からみた学習 -新しい学習科学の誕生」 OECD教育研究革新センター(著) 『amazon』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/475033314X/

脳科学の知見から加齢と学習能力の関係、右脳-左脳論のウソ、学習したい内容に対する効率のよい学習方法についてなどが豊富な実証研究結果と共に紹介されており、読みごたえがある。

この本によると、学習能力は新しいことを学んだ経験を積めば積むほど高まる。したがって、プログラマーとして必要な学習能力を維持向上したければ、常に新しいことを学ぶべく勉強を続ける必要がある。

効率のよい学習の方法としては『誰かを教えることになったあなたへ -IDへの招待 ※6/24追記 – 図書館学徒未満』*2を自分に適用すればいいが、学習方法よりも切実なのが学習にかかる時間をどのように確保するかという問題だ。まず業務を効率よく終わらせ、学習時間を確保するには『エンジニアのための時間管理術』*3が実践的な内容を豊富に含み役立つ。

*2:「『誰かを教えることになったあなたへ -インストラクショナル・デザインへの招待』読む時間がないひと向けまとめ」 2013年06月20日 『図書館学徒未満』
http://lovelibrary.hatenablog.com/entries/2013/06/20

*3:「エンジニアのための時間管理術」 Thomas A. Limoncelli(著), 『amazon』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873113075/

また、少し踏み込んだ内容となるが『アジャイルサムライ -達人開発者への道-』*4も比較的すぐに取り入れやすいプロジェクト管理のノウハウを豊富に集めている。ただチーム単位で導入すべきテクニックが多いので、個人ですぐにやってみるという訳にはいかないかもしれない。

*4:「アジャイルサムライ-達人開発者への道-」 『Hatena』
http://d.hatena.ne.jp/asin/4274068560/

小手先のノウハウではなくプロジェクト全体に対するマネジメントを学ぶには、「クリティカルチェーン」(現時点でクリティカルパスの計算にはリソースの競合を考慮に入れることになっているので、クリティカルチェーン法とクリティカルパス法の計算方法はほぼ同じです)というアイデアの元となったTOC解説書である『クリティカルチェーン』が分かりやすい。破綻しそうなプロジェクトを闇に落とさない方法を小説形式で解説しているが、時系列順に登場人物の思考を追う形で考え方が解説されているので自然に理解しやすい。

「クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?」 エリヤフ ゴールドラット(著), 三本木 亮(著) 『amazon』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478420459/

クリティカルチェーンは単なる見積り法の一つではなく、TOCというシンプルで強力な経営管理理論から導出された「プロジェクト管理」というものに対する思想的態度であるとわかる。

日々のタスク処理においてもプロジェクト管理においても、どちらにも重要なのはボトルネックの検出と解消だ。ボトルネックの存在を意識しつつタスクを処理していくだけでも、大幅に効率を向上させられる。

「どんなに素晴らしい時間管理法が分かったとしても、上司やクライアントが協力してくれなければ何にもならないよ……」とお嘆きの場合は、そういったひとたちに納得してもらいやすい説得方法が豊富に詰まった『週四時間だけ働く』が参考になる。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。