ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【ひと先試食】もっちもち×アイスの和洋コラボ!ハーゲンダッツ初の“もち入り”新シリーズ『華もち』2種類を試食してみた

華もち9

2月24日(火)ハーゲンダッツジャパンから和を意識し実際におもちを使った新しいシリーズ『華もち』が登場。第一弾となる『きなこ黒みつ』『みたらし胡桃』を編集部スタッフにてひと足お先に試食してみました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 フヅキ)

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
https://getnews.jp/archives/833262 [リンク]

華もち3

試食会の会場でまずお出迎えしてくれたのは『華もち』シリーズが飾られたひな壇。ひなまつりが近いということもあり“ひなまつりの大人女子会”というコンセプトで会場が飾り付けられていました。

華もち2

まるでお内裏様とお雛様のように飾られた『きなこ黒みつ(画像左)』と『みたらし胡桃(画像右)』、華やかな“和”のイメージとハーゲンダッツらしさを追求したというパッケージはひなまつりの“和”のイメージを損なうことなく、見事に華やかさを演出しています。

まずはきな粉がそのままたっぷり使われた『きなこ黒みつ』から

※記事中コメントは試食した編集部スタッフによるもの。

華もち11

開発者のこだわり(公式サイトより引用)
「もちは冷凍下でもスプーンで切れる柔らかさがありながら、弾力があるように仕上げるために何度も何度も試作を繰り返しました。
天面のきなこは香ばしい香りが広がるよう、煎り具合を追求しました。黒みつソースは全体のアクセントとなるよう甘みやコクにこだわりました。
濃厚でなめらかなアイスクリームに、もちもち食感が加わった新しいハーゲンダッツをお楽しみ下さい」

改めてパッケージをみると、大きく描かれたお餅が。初の“もち入り”とのことですが一体どのような形でお餅が入っているのでしょうか?

華もち10

蓋をあけてまずびっくりしたのはこれでもかと上にかかっているきな粉! 普通アイスなど水物と一緒にすると湿気てしまいますが、このきな粉にはそうならない工夫がされているそう。いままできな粉が混ぜ込まれたアイスなどはありましたがこれはなかなか斬新です。そしてよくよく見ると、きな粉の下はどうやらアイスじゃなさそう……?

華もち5

も、餅だー!! 紛うことなきお持ちがででんと上に乗っかっていました。そしての、のびる! この餅、のびるぞ!!
中にはこちらも風味豊かなきな粉アイスに黒みつも層になって織り込まれています。全部一緒に口に運ぶと冷たさときな粉と黒みつの風味、何よりもちもち感が相成って絶品。

「思った以上にきな粉がたっぷりで普通のアイスよりもかなり満足感あります。黒みつの甘さも程良いので、男性も好きな味なのではないでしょうか」(20代女性)
「くどい甘さはまったくなく、きなこと黒蜜とアイスをバランスよく味わえる一品。上に乗っているおもちの感触が楽しいので、すこしやわらかくなったところで食べるのがベストかなー」(30代女性)

華もち8

「アイスの表面に、もっちもちのおもち! おもちを崩してきなこ風味いっぱいの濃厚なアイスを頬張ったら、黒蜜ソースがとろり……いろんな“和”が口に広がって幸せいっぱい。仕事終わりのご褒美にしたい!」(20代女性)

華もち6

「開けた瞬間にまず驚くのは、きな粉がかかっている! 混ざっているのではなく、かかっています。粉状の表面からは、まるでひきたてのような香ばしいきな粉の香りが立ち込めます。その下には、凍っていたにも関わらず弾力を失わないお餅、そして黒蜜をかかえたこれまたきな粉風味のアイスが広がっています。
要素としてはきな粉、お餅、アイス、黒蜜、これだけのはずなのに必要にして十分と感じざるを得ません。甘さという要素だけに頼ることなく、きな粉や黒蜜という素材の特性がキッチリと生きてます。
アイスなのにアイスじゃないような“初めての味”は言うなれば目の前に登場した未来のお菓子。知っている素材なのに食べたことのないスイーツをご堪能あれ」(40代男性)

とろーりとしたみたらしとおもちが合わないわけがない『みたらし胡桃』

華もち14

開発者のこだわり(公式サイトより引用)
「アイスクリームと一緒に美味しく召し上がっていただくため、みたらしソースの甘みと塩味は何度も調整しました。アイスクリームの中に混ぜ込んだクルミは焙煎度合いから粒の大きさにまでこだわりました」

蓋を開けるとこちらも一面のみたらしソース、そしてソースの下から微かに見えているおもち! お餅とみたらしなんて相性バッチリなのはわかりきっているのですが、気になるのはアイスと胡桃との組み合わせ。ちょっと想像がつきません。

華もち13

実際食べてみるとなるほど! 甘じょっぱいみたらしとミルクアイスのお互いを引き立たせる絶妙な組み合わせ、さらに胡桃の風味と餅の食感がそれを引き立てていて一口で何度も美味しいです。

華もち12

「もっちもちの食感がうれしい和アイス。みたらしの味わいとくるみの歯ごたえが合わさって、なんとも美味」(30代女性)
「蓋を開けたら、なんと御餅が!!!アイスは甘さ控えめでお上品。もちもちとクルミの食感が楽しめます」(20代女性)

華もち9

「フタを開けると、みたらし団子のような見た目に胸が踊ります。もっちもちのお餅とさくさくのクルミの食感の変化が楽しい。みたらしの絶妙な塩気がアイスの甘さを引き立てていて、ちゃんと立派な和菓子に仕上がってます」(20代女性)

華もち7

「みたらし団子が食べたければ、普通は何を食べますか? そうですよね、みたらし団子を買って食べますよね。けれどもそれがベストの選択じゃないということを 華もち『みたらし胡桃』で思い知らされました。“みたらし団子よりも、みたらし団子っぽい食べもの”って聞くと、不思議ですけど、このアイスに関してはそうであると断言できます。アイスクリームとしての清涼さとバニラクリームの美味しさがお餅、そして甘じょっぱいタレと見事に融合しているので、単なる足し算ではなく、掛け算であると言わんばかりの相乗効果を発揮しています。
シームレスなアイスクリームとお餅が、絶妙な醤油風味を隠し持った塩っ気で、見事な甘辛さのグラデーションを描きます。そこに加えて歯ごたえあるクルミが刺激となって、アイスクリームなのにこれ以上ない和のテイスト。贅沢ってこういうことなんだ、と感じますよ」(40代男性)

1 2次のページ
フヅキの記事一覧をみる

記者:

少女漫画やお菓子が大好きオタクです。生放送のお手伝いとか。 https://twitter.com/hudukimiyu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき