ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • DCコミックスのスーパーヒーロー映画『Shazam(原題)』、映画『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグ監督を起用か
  • きゃりー風&モードスタイルの着こなしカンペキ!? 映画『海月姫』菅田将暉の女装ビジュアルがお美しいっ…! [オタ女]
  • 映画「名探偵コナン ゼロの執行人」が興行収入V7達成! 4Dでの上映を希望するファンも多数
  • 『ゴーン・ガール』観たぞ! デヴィッド・フィンチャー最新作は笑っちゃうほどの“胸糞”展開[映画レビュー]
  • 映画レビュー:ひとつの憎しみが何を生み出し何を破壊するのか? 実在の暴動事件を描く『デトロイト』
  • FOXの新VR部門Foxネクスト、クリス・ミルク率いるウィズインと提携し『猿の惑星』のVR作品を開発へ
  • 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/2/10号:『ゆれる人魚』『霊的ボリシェヴィキ』『殺人者の記憶法:新しい記憶』
  • 映画『Mommy/マミー』の「インスタグラム・アスペクト」の秘密とは? ドランのミニドキュメンタリー公開
  • 米20世紀フォックス、小説『海底2万マイル』をブライアン・シンガー監督と映画化することを決定
  • 【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ 】今週末みたい映画ランキング(11月2日付)
  • 編集部イチの“ヘタレ”が“オラオラ”になってみたら?→美女にモテモテ喧嘩も楽勝【映画『25 NIJYU-GO』特集】
  • 「ここまでオタクの気持ちを汲み取った映画があったでしょうか!」十束おとは(フィロソフィーのダンス)が『MCU』10年の愛を叫ぶ!
  • クリストファー・ノーラン監督、映画『ダンケルク』は最高のキャストが揃ったと語る
  • ヒューマニズムの巨匠が戦時中に作った反日映画 『汝の敵 日本を知れ』
  • 羽多野 渉はジェキの楽曲がお気に入り!劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』インタビュー[オタ女]
  • 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督、続編には「より多くの自由があった」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

アート好きカップル向け? モネ「睡蓮」前でプロポーズする人を募集中

kobe_wedding_01

神戸市立博物館で2015年5月10日まで開催されている『チューリヒ美術館展』。セザンヌ、ピカソ、ダリ、ジャコメッティ、シャガール、クレー、マティス、ピカソ、ミロ……などなど、印象派からシュルレアリスムまでの傑作74点が集結しており、その8割が初来日というアート好き必見の展覧会となっていますが、クロード・モネの大作「睡蓮」の前でサプライズでプロポーズするカップルを1組限定で募集しています。

今回の「睡蓮」プロポーズを企画しているのは、神戸をウエディングの街として活性化させることを目的にしているという『神戸ウエディング会議』。会員にはホテル各社や大学、さらには北野天満神社の名もあり、割とガチで活動しているようです。

kobe_wedding_02

モネが1890年代終わりごろから晩年まで描き続けていた「睡蓮」。チューリヒ美術館所蔵の「睡蓮の池、夕暮れ」は1916年から22年にかけて描かれており、縦2m、幅6mに及ぶ大作です。

プロポーズは、2015年3月22日の日曜日、閉館後の18時より展覧会場で敢行。応募者の居住地は問われませんが、未婚でかつ当日にカップルで来場できるのが条件です。候補は一次審査(書類)、二次審査(面接)を経て一組のみを決定するとのこと。プロポーズ後にはカメラマンが絵画の前で記念撮影を行い、その写真がプレゼントされます。
ちなみに、会場費と美術展の入場料は無料。友人や親族といった招待者も入場料無料(人数は応相談とのことですが)となっています。名画好きのカップルならば、心動かされるかも? ただし、当日の模様にはメディアによる報道取材が入るというのが注意点です。

果たしてどのようなカップルが応募するのか、そもそも応募者が現れるのか気になるところ。また、プロポーズが断られた時はどうなるのか、といった疑問も残りますが、ひとまず申し込みはWebフォームからも受け付けており、締切は2015年3月4日必着となっています。我こそはという方はぜひ。

世界で1組限定!モネ「睡蓮」の前でサプライズプロポーズをする方を募集中!
http://kobewedding.net/propose/zurich-2.html [リンク]

チューリヒ美術館展
http://zurich2014-15.jp/ [リンク]

(c) 2014-2015 The Organizers of the exhibition Masterpieces from the Kunsthaus Zürich.

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき