ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そのまま使うべきでない!?合コン、飲み会で使われているド定番ボケ集(雑談力のきいろわ)

そのまま使うべきでない!?合コン、飲み会で使われているド定番ボケ集(雑談力のきいろわ)

今回は『雑談力のきいろわ』からご寄稿いただきました。

そのまま使うべきでない!?合コン、飲み会で使われているド定番ボケ集(雑談力のきいろわ)

雑談で使い倒されてきたド定番なボケを紹介しています。そのまま使ってもウケる可能性は低そうですが、これらのボケを「必ず超えるべき基準」と心に定めることで、高いクオリティーのボケが作っていけるはずです。

くだらないから面白い!?合コン、飲み会で使われているド定番ボケ集

・乾杯の音頭でウケる1

「本日はお集まりいただきましてありがとうございます。ここにいるだけで皆さんは勝ち組です!!かんぱーい!!(完敗)」

あなた「皆さんそれぞれの思惑を抱いて本日お集まりと思います。積極的に声を掛け合って、勝ちに行きましょう!ざんぱ~い!!」

完敗の音頭は、ウケを狙う絶好のチャンス。みんながグラスを掲げたら普通に「かんぱーい!」と言わずボケることで、緊張した雰囲気を取り除くことができます。ウケるコツは、「かんぱーい!」をコールする前に、可能な限り「勝って」「勝利」という言葉を強調すること。ボケが分かりやすくなって、笑いが生まれやすくなります。

・乾杯の音頭でウケる2

「今日の出会いに乾杯しましょう。オッパイ!」

「では、ジョニーデップ風に乾杯させていただきます。カン・パイレーツ・オブ・カリビアーン!」

先ほどと同じく、「かんぱーい!」の部分をダジャレにしたボケ。キメ台詞の最後の二文字くらい(今回の場合はカンパイの「パイ」)から始まる新しい言葉をつなげればいいだけなので、誰でも比較的簡単に思いつくことができ、あらゆるシチュエーションボケられます。ダジャレを言うことに抵抗がなければ、場の雰囲気もよくなるので上手に使えば楽しい奴だと思ってもらえるでしょう。一方、大爆笑は期待できません。

・ビールを飲み干してから乾杯の音頭をとるボケ

「今日も暑かったね。ゴクゴク(ビールを飲み干す)かんぱーい!!」

「じゃあとりあえずかんぱ・・・・ゴホゴホ(咳き込む)すいません、なんかのどの調子が・・・ゴホゴホ(咳き込む)・・・失礼します、ゴクゴク(ビールを飲み干す)プハー、じゃあ改めて。かんぱーい!!」

乾杯前に一人で飲んでしまうボケ。一口二口飲んだだけでは面白くありませんが、飲み干すことで面白くなります。空のジョッキを掲げて乾杯するのが一番ですが、ジョッキがきついため、ボケ用のコップを用意する人もいます。

・乾杯のすぐ後にコンパをお開きにしてしまうボケ

「かんぱーい!!それでは、宴もたけなわではございますが」


「かんぱーい!!では男性陣は5000円、女性陣は1000円ずつ集金に伺いまーす!」

始まったばかりなのに、終わり間際のセリフを言うボケ。逆パターンとして、締めのカンパイの後で「それでは改めて自己紹介を」とボケる人もいます。

・合コンでのあいさつでボケる

「今日はコンパということで、軽い気持ちで結婚相手を探しに来ました」

「今日は真面目な気持ちで、一夜限りの相手を探しに来ました」

「好きなタイプは優しくて、冷たい人です」

「今日は一緒にデートしてくれる女の子、もしくは男の子を探しに来ました!」

ま逆の言葉を二つ並べることで相手の予想を裏切るボケ。「軽い気持ち」⇔「結婚相手」、「真面目な気持ち」⇔「真面目な気持ち」、「優しくて」⇔「冷たい」、「女の子」⇔「男の子」の対比が分かりやすいほど冗談と伝わり楽しんでもらえます。

・相手の自己紹介時にボケる1

(真顔で)
相手 「ヒロコです」
あなた「聞いたことある!」

相手 「マリエです」
あなた「日本在住でしょ!」

相手 「ユカです」
あなた「あれ、よく東京駅にいない?」

初めて会うはずなのに、あたかも知ってるようなリアクションをするボケ。冗談ぽいテンポとテンションを意識することで面白く伝えられます。落ち着いて様子で「あれ~東京駅にいたよね~?」と反応してしまうと「本当にどこかであったかな?」と思われ笑いになりません。

・相手の自己紹介時にボケる2

相手 「綾香です」
あなた「あやかちゃんの“やか”ってどう書くの?」

変なところで区切って漢字を訊ねるボケ。「千恵(ちえ)」「由美子(ゆみこ)」など変に区切れない名前の人には使えません。

・年齢の話題でボケる1

あなた「年はいくつ?」
相手 「22」
あなた「えー、全然見えないよ!21だと思った!!」

「えー」と驚きながら予想の年齢と1つしか違わないというボケ。大げさに驚くほどギャップができて笑いが生まれやすくなります。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy