ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「マクロ経済スライド」が将来の年金に与える影響

「マクロ経済スライド」が将来の年金に与える影響

4月に初めて発動「マクロ経済スライド」で年金額は実質目減り

平成27年度の公的年金の支給額から、初めて年金抑制策である「マクロ経済スライド」が適用されることが発表されました。年金額は、賃金や物価の変動に応じて毎年見直されることになっており、本来であれば賃金の伸び率が2.3%のため、年金額も2.3%増となるところですが、過去の物価下落時に引き下げをしていなかった分の解消に0.5%、公的年金全体の被保険者の減少率と平均余命の延びであるスライド調整率の0.9%を差し引いた0.9%増に抑えられることになりました。

結果として、国民年金の満額受給者で月6万5,008円、厚生年金では平均的な収入の夫と妻の標準世帯では月22万1,507円となり、前年度よりは増えているものの実質は目減りしています。

将来の保険料負担の上昇を懸念し年金額を抑制。若い世代ほど影響

では、「マクロ経済スライド」とは、どのような制度なのでしょうか?

将来の保険料負担が上がり続ける懸念があったため、平成16年度の年金制度改正で導入されました。保険料の水準の上限が設定され、現役世代の被保険者の減少率と平均余命の延びに応じて年金額を抑制するというものです。今後、年金額の伸びが抑えられることで、若い世代ほど影響を受けることになります。

どれだけの影響を受けるのか判断するために「所得代替率」というものがあります。その時代によって物価や賃金は変わるため、将来の年金額を明示しても実際の価値はわかりにくいので、受け取る年金額が現役世代の受け取り収入額と比較して、どのくらいの割合であるのか示すものです。

厚生労働省の試算では、今年度65歳の人の所得代替率は62.7%ですが、90歳時点では41.8%に低下します。一方、今年度35歳の人の所得代替率は50.6%で、90歳時点は40.4%にまで下がります。

どの世代にも痛みを伴い、年金制度を維持していくためには必要

このように若者世代ほど影響を受けることは間違いありません。しかし、先の試算にもある通り、40%は維持しています。マクロ経済スライドという抑制策のために年金額が限りなく下がらないようになっているのです。

「マクロ経済スライド」は、どの世代にも痛みを伴い、将来にわたって年金制度を維持していくためには必要です。若い世代ほど将来的に年金がもらえるのかという不安は大きいものがあります。複雑な制度ですが、安心してもらえるような説明が、今後ますます求められるのではないでしょうか。

(松本 明親/社会保険労務士)

JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき