ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【改訂版】24時間テレビにおける性的少数者の表象の問題

Gimme A Queer Eye If You Have Two

今回はマサキさんのブログ『Gimme A Queer Eye If You Have Two』からご寄稿いただきました。

【改訂版】24時間テレビにおける性的少数者の表象の問題
8月28日から29日にかけて『24時間テレビ33 愛は地球を救う』が放送されましたが、今回ははるな愛さんがマラソンをやるということで、その様子をチラっと見ようかなと思ってテレビを付けて中継を待っていたら、夜中の2時を過ぎたころにとても頭にくる映像が流れました。

それだけだったらこの『24時間テレビ』が(少なくとも恐らくほかの、インターネットを含むほとんどのメディアと同等に)トランスジェンダー(以下トランス)に嫌悪的であり、同性愛嫌悪的であるということが改めて明らかになっただけなのだけれど、正直な話私は“マラソンにはるな愛を起用する”という判断を下したことについて「あぁ、ある程度はメディアも(少なくとも女性アイデンティティを持つトランスに関しては)寛容になって来たのかな」とポジティブにとらえていたから、とてもショックでした。

そのときにした『Twitter』へのツイートはこの2つ:

*****
こんな同性愛嫌悪を流す『24時間テレビ』は、絶対に許さない。一生許さない。もちろん他にも絶対に許さない表象はたくさんあるけれど、そのひとつに本日登録。 #ntv
*****
ツイートへのリンク
http://twitter.com/aHomoAznMButch/status/22373435911

*****
はるな愛が苦しい思いをして走っているあいだに、スタジオでは外国で性別再指定手術を受けたMTF *1 女性の役をやったことのある国分太一の当時の映像で爆笑が生まれている……。おかしいでしょ。ふざけるんじゃないよバカども! #ntv
*****
ツイートへのリンク
http://twitter.com/aHomoAznMButch/status/22373560126

*1:Male to Femaleの略。身体的には男性であるが性自認が女性。
「MTF」 フリー百貨事典『Wikipedia』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/MTF

もちろん、基本的に放送の中身についてはテレビ局なりスポンサーなり、まあだれが決めるにしても、自由だと思う。それに、トランスや同性愛を表象するにしても、そのやり方に問題がなければどんどんやればいいと思う。でも今回の『24時間テレビ』のやり方は、はるな愛さん個人のことを考えてももちろん失礼だと思うけれど、何よりも生身の人間である性的少数者(セクシャルマイノリティ)の表象を都合のいいところ(笑いになるところ、感動的になるところ、哀れさを出せるところなど)だけつまみ食いして、利用しているところに腹が立ちました。

日本テレビに抗議しようか、と思って、インターネット上で“テレビ 苦情”などと検索してみたら、とてもひどい内容のクレームがたくさん目に入ってきました。例えば「キャスターの女性がやせすぎていて病気のようで見苦しい。もっと太って健康そうになるまで起用するな」 *2 というもの。テレビ局に直接連絡をしたところでこういったクレームの中のひとつにしかならないのでは意味がないし、それにきっと個人的な不快感だと思われて「不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。以後関係者共々よりよい番組作りを目指して行きます」とか言われて終わるんじゃないかとも思いました。

なので放送倫理・番組向上機構の意見送信フォーム *3 から意見を送ることにしました。この機構は寄せられた意見を検証し、必要と判断した場合にはテレビ局にその検証結果を報告するということをしており、局の意思決定については一切関わらないそうです(つまり私が最も嫌いな“検閲”みたいなことは起こらない)。

*2:『教えて!goo』テレビにバッシングや苦情を申し入れた事はありますか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4323146.html

*3:『放送倫理・番組向上機構』視聴者の意見/ご意見送信フォーム
https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html

内容は次の通り:

*****
番組名:『24時間テレビ33 愛は地球を救う』
放送局名:日本テレビ
放送日:2010/08/29
放送時間帯:02:00~03:00

番組の構成上、“放送時間帯”は本意見に該当する箇所が放送された時間帯となります。山口達也氏及び国分太一氏が『同窓会』というドラマに出演された際の映像が“恐怖映像”“危険な○○”という表現を伴って紹介され、その様子をスタジオの出演者たちが爆笑しながら見るというコーナーがありました。その映像には山口氏が男性同性間の性的関係をほのめかすシーン、及び国分氏が、外国で性別再指定手術を受けたMTFトランスジェンダー女性として男性と結婚するシーンが含まれていました。山口氏は終始大きな笑い声を出すことでそのような性のあり方が“恥ずかしいもの”であるというメッセージを発していたと思いますし、そのような態度はほかの出演者にも多く見られました。この放送内容で私が最も問題だと思うのは、正にMTFトランスジェンダー(あるいはトランスセクシュアル)であるはるな愛さんが懸命に長い距離を走っているときにこういった内容の放送がされたことです。はるな愛さんのような生き方を“恥ずかしいもの”とするようなメッセージを発しながら、彼女に長い距離を走らせるというのは、セクシュアルマイノリティを尊重しないまま利用するだけの態度です。

氏名:松本政輝
性別:男性
年代:20歳代
郵便番号:(省略)
都道府県:群馬県
住所:(省略)
電話:(省略)
メールアドレス:chicomasak [gmail]
*****

そもそもこのフォームを送信する上で“性別”を聞かれることもムカつく! ちくしょう! と思いながらも、しぶしぶ送信ボタンを押しました。

これについてブログで書いてからというもの、『Twitter』や『はてなブックマーク』でたくさんの反響があり、そのうち『2ちゃんねる』のスレッドが立ったりニュースサイトに載せられたりして、しまいには活字媒体(記事の画像 *4)でも言及される始末。ブログのアクセスは一気に普段の1000倍にまで膨れ上がり、とても怖い思いをしました。「きもちわるい」「男でもない、女でもないなら 人間やめちまえ」というメールが届いたり、『2ちゃんねる』やニュースサイトで極端に悪意のある書き込みがたくさんされました。

*4:「○○新聞:24時間テレビ 100万人同性愛者が大激怒」記事画像 『twitpic』
http://twitpic.com/2jxf7o/full

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき