ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100人でひとつの門松をつくる! 六本木ヒルズが異色の盆栽ワークショップを開催

20141222

日本の新年飾りといえば、やはり門松。家に飾るのもいいが、意外におすすめなのが、商業施設の門松を見に行くことだ。特に大規模商業施設では、豪華かつ奇抜なデザインの門松を飾ることが多く(もちろん、毎年デザインが変わる)、年末年始の隠れたパワースポットとなっている。

・六本木ヒルズの新しい試み
東京・六本木ヒルズもそのひとつだが、新たな試みとして、塩津丈洋植物研究所とコラボレーションし、2015年の正月に向けて、100人で門松をつくるワークショップ『100人の門松 松の盆栽workshop』を開催している。

すでにワークショップは定員に達し募集を締めきっているが、できあがった門松は2014年12月28日〜2015年1月7日まで、六本木ヒルズウエストウォーク2階 南吹き抜けスペースに展示される。

・100人の松の盆栽がひとつの門松に
公式サイトによれば「赤松・黒松・五葉松・蝦夷松など、さまざまな種類・形の中からお気に入りの松を選んでいただき盆栽をつくることができるワークショップを開催。皆さまの製作した松の盆栽が一つとなり、六本木ヒルズに大きな門松が誕生します」とのことだ。

完成形がどのようになるかは想像がつかないが、なんだかすごそうである。期間中、近くに行かれた際はチェックしてみてはいかがだろうか。

執筆: 鈴木収春
Via: 100人の門松 松の盆栽workshop

鈴木収春
クラウドブックス代表取締役。自由大学「伝わる文章学」「出版道場」教授。講談社客員編集者を経て、出版エージェントに。ドミニック・ローホー『シンプルリスト』、タニタ&細川モモ『タニタとつくる美人の習慣』、劔樹人『高校生のブルース』などを担当。

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy