ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【M.S.S Projectインタビュー】「中二病からの脱出!?」とは一体なんだ!?

MSSP中二病からの脱出

11月6日ニコニコ生放送にてM.S.S Projectさん出演の番組『中二病からの脱出!?~俺たちは絶対に脱出しない~中間放送』が行われた。この番組は現在公式サイトで開催されているMSSPと一緒に謎に挑む脱出ゲームの解説番組で、12月には実際にリアルイベントの開催も決定している。どのように謎解きを行うかが鍵であるが、脱出ゲーム初心者の皆さんのために、MSSPがヒントを出してくれる電話サポートも用意されており、誰でも楽しめるように企画されている。今回はこのイベントが一体どういうものなのかの説明と、そしてMSSPへのインタビューを行った。

M.S.S Projectとは?
FB777(エフビースリーセブン)さん、KIKKUN-MK-Ⅱ(キックンマークツー)さん、あろまほっとさん、eoheoh(エオエオ)さんの4人組ゲーム実況者。元々行っていた音楽活動も花開き、2月22日には2枚目のアルバム『M.S.S.Phantom』、そして9月13日には3枚目となる『M.S.S.PiruPiruTUNE』もリリース。また2月24日には赤坂・BLITZで、3月29日には渋谷公会堂でワンマンライブも開催。話が途切れない、うるさい、たまに意味が分からないことが特徴。ただし、チームワーク皆無な会話にも関わらず、この4人のバランスの良さは異常。

リアルイベント『中二病からの脱出』とは?

差出人不明の招待状を受け、謎の屋敷を訪れたMSSP。そこで用意されたゲーム「中二病クエスト」をプレイした彼らは、なんと”真人間”になってしまう呪いがかけられてしまう。彼らの”中二病”を取り戻すには、ゲームを完全クリアして呪いを解くしか道がなかったのだ。

MSSP独占インタビュー

既に記者(ひげおやじ)は幾度となく彼らと交流がある為、通常のインタビューとは異なる”近い距離感”での会話となっている点はご容赦頂きたい。なるべくインタビュー時のやりとりをそのままに掲載させて頂いた。

FB777(以下、FB)「あれ、ひげさんちょっと痩せたんじゃないですか?」
ひげ「マジで!みんなから太ったって言われたよ。」
FB「ああ、じゃあそうですか。」
あろまほっと(以下、あろま)「うーわー、中身ねぇ!」

インタビュー開始

MSSPインタビュー

ひげ「じゃあまずは”えむえすえすぷろじぇくと”というのは……」
全員「またそこからかよ!」
ひげ「メンゴメンゴ、それは置いといて。そもそも何故リアル脱出イベントをやろうと思ったんですか?」
KIKKUN-MK-Ⅱ(以下、KIKKUN)「脱出したかったんです。」
FB「今までは何か伝えたいものがあったり、ゲームをプレイしてのイベントが多かったと思うんですが、今回は僕たちが主役でその中で謎解きという面白そうな要素があって、ユーザーも参加が出来て楽しめるイベントで、というのが面白いなと思ってやってみることになりました。」

MSSPインタビュー

ひげ「リアル脱出ゲームはやったことがあるんですか?」
あろま「やったことはないんですが、最近結構テレビでもやっているじゃないですか。そういうのは見ていて結構好きだったんですけど、まさか自分達がそっち側(仕掛け側)に回るとはっていうのはありましたね。」

ひげ「みんなの立ち位置はどこなんだろう?」
FB「僕らは閉じ込められていて脱出出来ないと真人間になってしまうんです。だから僕らは今、真人間なんです。」
ひげ「え、そうなの!?」
KIKKUN「他の数々の番組にも出ているけれど、全部、思念体となって出演しているのさ。」

MSSPインタビュー

ひげ「じゃあ”助けて下さい”ということなんですね。周りの反応はどうなんだろう。コミュ掲示板に答えを教えてください!とか来ないの?」
eoheoh(以下、eoh)「全然なくて、楽しんで解いてくれていて。」
FB「僕らはむしろそういうのあるのかなと思っていたんですけど、みんな楽しんで解いてくれてますね。」
あろま「今週の問題はどうだった、こうだった、というのが結構多いし。」
KIKKUN「MSSPのコミュの掲示板でもそういう話が多いよね。」
eoh「答えを言っちゃうのかなと思っていたんですけれど、みんなルールを守ってくれてネタバレしないでくれています。」

MSSPのみんなはクイズが得意?

ひげ「ちなみに今、出題している問題を、みんなは解けるの?」
全員「無理!(即答)」
ひげ「……真人間になるしかないなぁ。」
FB「なかなか本当に考えないと解けない問題ばかりで、(参加し問題を解いている)みんなは凄いですよ。僕ら4人とも誰でも分かるような問題でも”???”って……」
KIKKUN・あろま「でたでた!僕らじゃなくて君(FB777さん)だけですからね!」
FB「いやいやいやいや!だってコメントでもそういう風に書かれていたんですよ。あんたら(KIKKUN、あろま)も出来てなかったでしょ!」
KIKKUN「え、でも結構すぐにできてたよね?」
あろま「ねぇ、出来なかったのは、こっちの二人(FB、eoheoh)でしょ。」
FB「早さの違いなだけで一瞬では分からなかったでしょ!?」
あろま「確かに分からなかったけど。」
FB「でしょー!俺だって時間がかけらられれば(原文ママ)解けました!」
KIKKUN・あろま「でたでたでた!」
ひげ「ちなみに謎解きの中で得意なジャンルとかあるんですか?」
FB「ジャンルですか、得意なジャンルはFPSです!」
あろま「それゲームじゃねぇか!」

得意なジャンルはFPSです!

ひげ「そんなFBさんでもクリアさせてあげたいじゃないですか。電話でヒントがあるんでしょ?」
FB「分からない人でもそれで分かっちゃうくらいの重要なヒントになっているので、手助けになっています。」
ひげ「1つの問題に何パターンあるんですか?」
あろま「2パターンですね。」
ひげ「じゃあ1問あたり2回聞けば、全部のヒントを聞けるんだ。」
KIKKUN「誰誰のヒントを聞きたい人は1を押せ、みたいな感じで。」

1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき