ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コンデジレビュー】世界最高クラスのコンデジ倍率! 光学65倍『Powershot SX60 HS』で目いっぱいズームしてみるとこうなる

PowerShot SX60 HS

今回はキヤノン『PowerShot』で光学30倍ズームの『SX700 HS』、光学18倍ズームの『SX600 HS』をラインアップする“ハイクオリティズームシリーズ”から、コンパクトデジタルカメラとしては世界最高クラスの光学ズームを備えた『PowerShot SX60 HS』のレビューをお届けする。

その望遠性能は光学ズームだけで65倍! 焦点距離にして1365mmとまさしく驚異的な数値を誇る。

IMG_7380_f IMG_7383_f IMG_7388_f IMG_7390_f IMG_7391_f

これにとどまらず、デジタルズーム領域である『プログレッシブファインズーム』を用いると130倍(2730mm相当!)まで拡大可能なのだ。

本レビューでは『PowerShot SX60 HS』で実際に撮影した写真も交えて紹介していこう。

※すべての写真が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください。
https://getnews.jp/archives/712234

IMG_7354f_f IMG_7355_f IMG_7356_f IMG_7359_f

ズームの欠点を徹底的に補った

望遠レンズで撮影したことがある人にとって「あるある」なのが、“ブレ”と“被写体を見失うこと”だろう。望遠とは拡大している状態なので、ほんのわずかなブレでも、画面が大きく揺れるのは理論上仕方ない。

また、わずかな範囲を非常に大きく拡大している状態の時に、その場所を見失うと非常に見つけづらい。こんなときは一度、ズーム倍率を下げて全体を確認し、改めてズームをするという手順が一般的だ。

『SX60 HS』では強力な手ブレ補正を備えている。手持ちでもブレずに撮影可能な状態がほとんどだが、それでも画面は揺れやすい。そこで、レンズ脇にある「フレーミングアシスト 固定」ボタンを使うと、望遠に適した手ブレ補正を行い、画面が静止しやすくなるのだ。ボタンを押すだけで画面が「ピタッ」と止まるのは非常に心地よいぞ。

IMG_7382_f

一方、被写体を見失ったときは「フレーミングアシスト 探索」ボタンが役立つ。このボタンを押している間だけ、倍率を下げて広い範囲を見渡せるようになるのだ。

IMG_7412_f IMG_7413_f IMG_7414_f
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。