2018年韓国・平昌五輪が“長野”との共催も現実味を帯びてきたという記事が話題に

access_time create folder政治・経済・社会
産経ニュース

11月29日に『産経ニュース』に掲載された、
「長野」との共催もある!? 現実味を帯びてきた2018年韓国・平昌五輪の分散開催…
http://www.sankei.com/sports/news/141129/spo1411290048-n1.html[リンク]
という記事が話題になっている。

現在提案されているオリンピックの改革案で、国外の都市と“共催”が認められる可能性があるというもの。それにより、2018年に開催される準備の遅れが指摘されている韓国・平昌冬季五輪において「長野での分散開催も視野に入ってくる」と報じている。

同記事は、12月1日14時の段階で『Twitter』や『Facebook』でそれぞれ1500件以上共有されるなど、かなりの反響があるようだ。ネット上の意見としては、長野での“共催”には否定的な声が圧倒的に多い模様。

以前、ガジェット通信で
朝日新聞『しつもん!ドラえもん』で「(五輪を)日本と韓国は協力して準備することにしているよ」にネットで疑問の声も
https://getnews.jp/archives/506108[リンク]
という記事をお伝えしたときも、“協力して準備”ということに対し結構な反発があったが、今回実際に“現実味を帯びてきた”ということでネットユーザーの間でも議論がなされているようである。

※画像は『産経ニュース』より引用

access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧