ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

なぜ10万人がリーダーに頼らず自律的に動けたのか?──未曾有のボランティアチーム「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の挑戦(ベストチーム・オブ・ザイヤー)

なぜ10万人がリーダーに頼らず自律的に動けたのか?──未曾有のボランティアチーム「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の挑戦(ベストチーム・オブ・ザイヤー)

今回は、『ベストチーム・オブ・ザイヤー』から転載させていただきました

なぜ10万人がリーダーに頼らず自律的に動けたのか?──未曾有のボランティアチーム「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の挑戦(ベストチーム・オブ・ザイヤー)

2011年4月、SNSを活用して立ち上がったボランティア組織が「ふんばろう東日本支援プロジェクト*1」だ。同組織では、物資を3000箇所以上の避難所や仮設住宅へ届ける「物資支援プロジェクト」、個人避難宅を中心に2万5000世帯以上に家電を支援する「家電プロジェクト」など、複数のプロジェクトが自律的に動いていた。プロジェクト数は合計50以上と、多岐にわたる支援を展開した。

*1:『ふんばろう東日本支援プロジェクト』
http://fumbaro.org/

この大規模な支援活動を実現したのは、多種多様な「プロジェクト」と、岩手、宮城、福島といった「前線支部」/名古屋、京都、岡山といった「後方支部」/Web、会計、SNSなどの「機能部門」ごとのチーム連携だった。その結果、3000人以上を擁する日本最大の総合支援組織に発展し、3300億円以上の寄付金を集めた日本赤十字社も果たせなかった「支援者と被災者をダイレクトにつなぎ“意義”を実感できる大規模支援」を実現した。

その功績が称えられ、2014年、世界的なデジタルメディアのコンペティションである「Prix Ars Electronica」のコミュニティ部門において、最優秀賞にあたるゴールデン・ニカを日本の団体として初受賞*2した。

*2:「Digital Communities」 『ARS ELECTRONICA』
http://www.aec.at/prix/en/gewinner/#digitalcommunities

ふんばろう東日本支援プロジェクトの代表者は西條剛央氏。ボランティアは未経験だった。そんな西條氏に、自律的に動ける日本最大級のボランティアチームを作り上げる際の考え方を聞いた。

注:詳しくは「ふんばろう東日本支援プロジェクト活動総実績参照
「ふんばろう東日本総活動実績」 『ふんばろう東日本支援プロジェクト』
http://fumbaro.org/archive/total-achievement.html

プロフィール
西條剛央 早稲田大学大学院 客員准教授 ふんばろう東日本支援プロジェクト 元代表

1974年、宮城県仙台市生まれ。早稲田大学大学院で博士号(人間科学)取得。「構造構成主義」という独自のメタ理論を創唱。この理論を用い、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げ、ボランティア未経験ながら日本最大級の総合支援プロジェクトへと成長させる。

境界のない未曾有のチームづくり

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」は、ボランティア各自がSNSを効果的に活用し、自律性をもって役割分担しつつ、みんなが全体の目標に向かって動くというユニークなボランティアチームです。なぜそうしたスタイルを採られたのでしょうか。

西條: 最初に現地入りしたとき、現地の行政も壊滅的な打撃を受け、国も含めて情報を統制してコントロールできるような状態ではありませんでした。そこで、僕は「タテ組織で統率する」という発想は捨てて、「みんなが自律的に動き、結果として効果的な支援が成立するにはどうすればいいのか」と考えました。

具体的には、すぐにホームページを立ち上げ、現地で聞き取ってきた必要な物資を掲載し、それをTwitterにリンクして、拡散したのです。「送れる人は送ってください、送ったらどこの避難所に何をどのぐらい送ったかコメントしてください」と。必要な物資がすべて送られたらそれを消せば、必要以上の物資が届くことはありません。現地で必要な人に配ってくれるキーマンと組み、Twitterの拡散力、ホームページの制御力、宅急便という既存のインフラを活用することで、必要な物資を必要な分、必要としている人に直送できる仕組み*3を作りました。

*3:「ふんばろう東日本物資支援プロジェクト 」 『WALL PAPER』
http://wallpaper.fumbaro.org/busshi

Amazonのほしいものリスト*4も活用し、クリック一つで、チェンソーや家電などを必要としている人に世界中から支援できるようにしました。全国の何かしたいと思っている人達が、必要としている人に必要なものを必要な分だけ届けることを可能にしたのです。

*4:「Amazonほしい物リストで贈り物!」 『WALL PAPER
http://wallpaper.fumbaro.org/fks-branch/amazon/amazonwishlist

想像をはるかに超える多くの人が団結していたのですね。

西條: そうです。これを直接実現した物資班のメンバーはもちろんですが、現地に物資を持ってまわって営業してくれたボランティア、物資を送ってくれた全国のたくさんの支援者、自らも被災しながらも現地で配ってくれた人達、それから受け取った人の数も含めて、どれだけの人が関わったかもわからないのですが、一箇所の避難所で何百人、何千人といるところもありました。TwitterやFacebookで情報を拡散してくださった方々も含めれば、おそらく10万人以上の人がかかわった「未曾有のチーム」だったのではないかと考えてます。間接的に関わった人達の中には「ふんばろう東日本支援プロジェクト」に関わっているという自覚もなく支援してくれた人も、かなりいたことでしょう。

「未曾有のチーム」とは、とても特徴的です。

西條: 「未曾有の震災」に対するには「未曾有のチーム」を作るしかないと。
僕たちの組織でユニークなところは、チーム名簿がないことです。組織の中心はあっても、そもそも組織の内外という「境界」がないんです。あえてNPO団体にしないことで、NPO、行政、企業の方々が、誰でも参加できるようにして「小さな力を集めて大きな力に」を実現できるようにしたのです。

企業も80社ほどそれぞれのリソースを活用する形で協力してくれました。基本的にはFacebookで運営しているのですが、「ふんばろう」のFacebookグループには入ってなくても、実質的に協力してくれている人もたくさんいます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき