ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米国で浸透中!相乗りサービスの「Sidecar」、ヴァージングループ会長出資で勢い

Sidecar3

日本でカーシェアリングと言うと、レンタカー会社が提供するサービスが主流だが、米国ではスマートフォンの浸透を背景に、車を所有する個人が他の誰かをタクシーよりもリーズナブルな料金で同乗させるサービスが急速に拡大している。

その代表的なものに「Lyft」が挙げられるが、有力な対抗馬ともいえる「Sidecar」も着実に利用者を伸ばしている。サンフランシスコ拠点のスタートアップが展開するSidecarはこのほど、英ヴァージングループ会長、リチャード・ブランソン氏などから1500万ドルの資金を調達した。

■「利用者双方にメリット」

ブランソン氏というと、音楽、航空事業などで数々の成功を収め、宇宙産業にも手を広げているやり手の実業家。今回出資したSidecarについて「利用者双方にメリットがあり、しかも世界にとってもいいサービス」と評価している。

確かに、Sidecarは自動車を所有・運転する人にとってはちょっとした収入になり、そして同乗する人にとってはタクシーよりも安くあげられるという、まさにwin-winの関係を築けるもの。

そして、ブランソン氏は言うところの「世界とっていい」というのはおそらく環境面でのことだろう。通勤シーンなどを想像すれば分かるが、同じ方角に向かう人々がそれぞれ1人1台運転するというのは無駄が多い。シェアすることでそうした無駄を省けるというわけだ。

■価格、乗降車場所も自由設定

このサービスを可能にしているのがスマートフォンの存在だ。アプリを使ってドライバー、車の種類、ピックアップ時間、価格などをチェックしてから同乗を依頼できるというのは、ユーザーにとっては使い勝手がいいだろう。

Sidecar

相乗りを提供する側にしても、価格を自由に設定でき、そしてピックアップエリアやドロップする場所を限定することも可能なので、無理なくサービスを展開できる。

位置情報を元に互いに相乗りを提供・利用できるサービス、タクシー業界との軋轢は想像に難くないが、今後は世界的な流れになるかもしれない。

Sidecar

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。