ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大阪「珍」スポット】USJと間違える観光客続出!? 大阪市舞洲工場の実体は・・・

1大阪にある人気観光スポット、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)。通称USJを訪れる観光客は年間絶えないが、そのUSJの近くに一見変わった巨大なメルヘンチックな建物群が存在する。阪神高速湾岸線、また梅田スカイビル空中庭園展望台から見えることもあり、初めて見た人は誰もが「アレはなんだ?」と思うはず。しかも、その外観からUSJと勘違いして訪れてしまう観光客もけっこういるという。
2その建物は、大阪市の環境局「舞洲工場」と「舞洲スラッジセンター」。分かりやすくいうと、どちらも“ゴミ処理施設”。たとえば、舞洲工場では大阪市内から集められた可燃ゴミ、粗大ゴミを年中無休で焼却、処理などを行っている。外観からまったくイメージできないが、その内部は大阪市民でなくても誰でも無料で見学でき、近年は外国人の見学者も多いというので、一度この舞洲工場を訪れてみた。
34工場の内部は一般的なゴミ処理施設だが、見学者向けスペースがメルヘンチックにデザインされていたり、こども向けにわかりやすい展示パネルがあったりする。工場の機能や外観デザインなどに関する紹介DVDも見ることができるので、なぜこの建物ができたのかがよくわかる。
舞洲工場と舞洲スラッジセンターをデザインしたのは、オーストリア・ウィーンの芸術家、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏。自然保護建築のデザインで知られ、舞洲工場は「技術、エコロジーと芸術の調和」をコンセプトに、建物のデザインと多くの緑に囲まれるよう工夫がなされている。フンデルトヴァッサー氏いわく「自然界に直線や同一物が存在しない」ということで、舞洲工場の壁や煙突も定規で引いたような直線でなく曲線が多く見られ、窓の配置も大きさもよく見ると一定でない(しかもすべての窓が本物ではない)
近くで見れば見るほど、芸術性の高さはよく分かる。誰でも自由に散策できるエリアで階段を降りる時、石畳に手すりも曲線で、まるで映画『ハリーポッター』の世界のようだとも感じた。
5ちなみに、オープン当時は「税金の無駄使い」と酷評された舞洲工場だが、近年はあまりその声は聞かれない(ように思う)。若木だった木々も10年以上経つと青々と茂り、建物のデザインも古臭さをまったく感じさせない。もともと工場がある舞洲エリアは大阪五輪の誘致のために埋め立てられて開発されたエリアで、五輪誘致が失敗に終わって以降、空き地がいまだ多く、有効活用されていないのも事実だが・・・
なお、工場の内部ではあらかじめ予約した見学者のみ、ゴミクレーンで大量のゴミが焼却炉に運び込まれる様子、外に有害な物質がもれないようにする装置などが窓越しに見学できる。子どもはもちろん、おとなもゴミを捨てるマナーやリサイクルの大切さなどを改めて認識できるので、足を運んでまったく損はない。6789
大阪市 市民の方へ 舞洲工場の見学受付についてhttp://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000019104.html

【Nicheee!編集部のイチオシ】
大阪「珍」スポット 長編マンガ『天上の虹』気分にひたる「無料」ツアー
【大分「珍」グルメ】 ほぼ県内限定 ご当地絶品メニュー「とり天」を味わう
日本一星空がキレイに見える場所で作られた泡盛「月虹」

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。