ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食の大切さを噛みしめる『初恋料理教室』

食の大切さを噛みしめる『初恋料理教室』

 昔から「衣食住」という言葉の並びは変ではないかとずっと思っていた。だって、この三つの並びでは食の重要度が抜きん出てやしないか? もちろん、着るものも住むところも大事ではあるけれど、食べなければ命にかかわるのだから。

 さて、題名からも明らかなように本書の舞台は料理教室である。それも男子限定の。京都・祇園の長屋にある「小石原愛子の料理教室」の毎週土曜夜のクラスには、これまで台所仕事をしたことがないような四人の料理初心者が集う。すなわち、設計事務所勤務で女性には奥手な智久、自分の店を持ちたいと夢見ているフランス人パティシエのヴィンセント、料理教室には常に女装して現れるミキ、妻の勧めで教室に通うようになった佐伯の四人が、四つの短編それぞれの主人公となっている。

 いずれの物語にも心温まる中にほんの少し苦みがあって、京料理の繊細な味わいに通じるものがある。人と人とのつながりが食を通して構築あるいは再生されていく様子が描かれておもしろく読めるものばかりだが、特に印象的だったのは第四話の佐伯と妻・歌子の話。「離婚した後に夫が困らないように、料理教室に行けと奥さんは言ったのではないか」というミキの言葉に少々うろたえる佐伯。さりげなく歌子の様子をうかがう佐伯だったが、思わぬことが起こり…。

 本書を読み終えて改めて感じるのは、料理を作ること・食べることの大切さである(やはり「食>>>>>住>>衣」くらいの感触)。相手に喜んでもらおうと料理を作り、相手に感謝して料理を食べる。個人的には家族五人の食事を用意する毎日はときに面倒で放り出したくなることもあるのだが、うれしそうにたいらげていく夫と息子たちがいる幸せをかみしめなければと素直に反省させられた(しかしながら、夫や息子たちがほとんど料理しない・できないことについては、私も歌子と同様の失敗をしている。愛子先生の料理教室に通わせることができればチャラになるんだけどなあ)。

 そうそう、真の主役・愛子先生の魅力もこの本の読みどころ。終章では先生自らが語り手となって、「地主のお嬢さんがいかにして料理教室を開くこととなったか」が綴られていく。表紙に描かれた着物姿のかわいらしい娘さんの絵は、その若かりし頃の先生だと思われる。藤野恵美氏は主にジュニア小説のジャンルで活躍されてきたが、一般の読者には『ハルさん』(創元推理文庫)の著者としてご記憶の方も多いだろう。ちょっとミステリアスな愛子先生の来し方が明らかになるくだりなど、ミステリー作家としての実力も垣間見られる。

 巻末には作品中で登場人物たちが作った料理のレシピも載っているという、うれしいおまけ付き。先生の人柄のように、気取らずしかし細やかで温かみのある料理ばかり。あわせてお楽しみあれ!

(松井ゆかり)



BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy