ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『トイ・ストーリー』からウッディとバズが海洋堂フィギュア『特撮リボルテック』に

特撮リボルテック『トイストーリー』


ケンエレファントは、『空想科学フィギュア大全集・特撮リボルテック(以下、特撮リボルテック)』シリーズに、映画『トイ・ストーリー』の人気キャラクター『ウッディ』と『バズ・ライトイヤー』の2アイテムを追加、6月1日より『amazon.co.jp』や家電量販店にて予約受け付けを開始しました。発売は8月1日を予定しています。

『特撮リボルテック』は、緻密な造形と高い可動性を備えた関節で、自由自在なポーズがとれることでミリオンセラーになった『リボルテック』の特撮/SFフィギュアコレクション。海洋堂が手がけることにより、特撮/SF映画の登場キャラクターをそのまま縮小したかのようなディテールとプロポーションで、映画から飛び出してきたかのような完成度を実現しています。

特撮リボルテック ウッディ

今回は、1996年の日本公開以来、今も高い人気を誇るアメリカ映画『トイ・ストーリー』より『ウッディ』と『バズ・ライトイヤー』がラインナップに追加。『ウッディ』には17個の“リボルバージョイント”を盛り込み、細長くスマートなシルエットの手足に、広範囲な可動性を実現しているほか、オプションパーツとしてマイクや双眼鏡レニー、表情の違うオプションハンド&フェイスも付属しており、劇中のさまざまなポーズを取らせることができます。もちろん、の胸につけた“シェリフバッジ”や“ガンベルト”、背中のヒモまで忠実に再現しています。

特撮リボルテック バズ・ライトイヤー

『バズ・ライトイヤー』には、16個のリボルバージョイントを搭載し、独特の体型を忠実に再現しながらさまざまなポーズ付けが可能。腕の付け根を引き出せるギミックを考案し、前方に伸ばした手の可動範囲を広げることにより、豊かなアクションポーズが可能になりました。また、オプションパーツには、グリーンアーミーメンと飛行ポーズが再現できるウィングパーツ、オプションフェイスが付属。足の裏には、持ち主『アンディ』のお気に入りの印であるサインまでもが映画さながらに再現されています。

映画最新作『トイ・ストーリー3』の日本公開は7月10日から。『特撮リボルテック』があれば、映画の感動と興奮を何度でも好きなだけ味わいなおせそうです。高さは『ウッディ』が約150mm、『バズ』が約125mm、希望小売価格は各2850円(税込み)。
 

■関連記事
映画そのまま! 『トイ・ストーリー』のおもちゃをタカラトミーが発売へ
ついに出た!『ジョジョの奇妙な百人一首 世界(ザ・ワールド)~第1~7部総集編』受注開始へ
『怪獣ブースカ』が秋葉原ラジオ会館をジャック!? 4月1日『特撮リボルテック』発売記念イベント開催

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。