ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大晦日に『君の名は』を放送するテレビ神奈川に総ツッコミ 「1953年の方かよ」「ちーがーうーだーろー!」
  • 【最恐のホラー映画を探してみた】ガジェット通信おすすめホラーをピックアップ
  • 【笑顔がこわい】ルールは一つ・生き残るだけ! 殺しのピエロがニヤリと微笑むロブ・ゾンビ最新作『31』予告編解禁
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/6/24号:家族を皆殺しにしたのは兄か否か――『ダークプレイス』[ホラー通信]
  • 兄貴らしい回答が話題!「ステイサムの悩み相談bot」始めた理由や想いが明らかに
  • 【なにこれかわいい】ドーナツがピョコピョコ飛び跳ね人を喰う『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』予告編[ホラー通信]
  • 過激な発言、仕事命、元カレ引きずりすぎ……2月公開映画は“ワケあり独身女性”ヒロインに注目!
  • 『映画 みんな!エスパーだよ!』安田顕インタビュー「個性が無いから個性的な役が来ると思う」
  • 『お化け屋敷列伝/戦慄迷宮MAX』に人気実況者&アイドルが挑戦! 恐ろしすぎる場面写真も公開
  • 安田顕が再びチンピラに! 『新宿スワン』で見せる強烈キャラクター写真を一挙公開
  • 冷たく暴力的なのにめまいがするほど美しい……サスペンス映画『ノクターナル・アニマルズ』レビュー
  • 櫻井孝宏「自分の中のツンデレを総動員した」 初の『ベルセルク』原画展も開催!
  • 自然あふれるオフィス探索! 可愛過ぎるラテアートも体験「ピクサー・アニメーション・スタジオ」に行って来た【後編】
  • 赤塚不二夫アニメの傑作&珍作を豪華13本立てなのだ! コンピレーションDVDがアツい!
  • 映画『ナルニア国物語』シリーズ、4作目のプロジェクトが進行中
  • エマ・ストーン、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』プレミアで “誰もが対等” な世界を語る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビ番組が国内初の『iPad』アプリ化! テレビ東京『情熱の系譜 for iPad』無料提供開始へ

情熱の系譜 for iPad


テレビ東京は、現在放映中のミニ番組『情熱の系譜』(毎週月曜夜10時54分~11時00分)を、5月28日より『App Store』にて無料で提供を開始します。テレビ番組の『iPad』アプリ化は国内初。『iPad』ならではの機能を活かし、テレビでは伝えきれなかった出演者情報や企業広告を盛り込んでいます。

テレビ東京『情熱の系譜』は、各方面で活躍する著名人を“現代の偉人”として紹介するとともに、彼らが影響を受けた“過去の偉人”を紹介するテレビ番組。現代の偉人に対するインタビューと、過去の偉人が成し遂げた偉業を通して、過去から未来につながる“情熱の系譜”を伝えるという内容です。

情熱の系譜 for iPad

『情熱の系譜 for iPad』では、番組と同じオープニングCGを表紙に用い、テレビ映像および各回の出演者を解説。加えて、『iPad』アプリ限定コンテンツとして、番組スポンサー(協和発酵キリン)の企業広告、協和発酵キリン・松田社長の『情熱の系譜』映像、著名人による『情熱の系譜』解説コンテンツ(6月21日アップ予定)で構成されています。

情熱の系譜 for iPad/片岡鶴太郎氏

出演者解説画面を表示した画面を横に傾けると、出演者の映像が表示されるなど『iPad』ならではの操作性も盛り込まれています。今後は、佐々木洋氏(5月31日予定/プロナチュラリスト)、中島誠之介氏(6月7日予定/古美術鑑定家)、大平貴之(6月14日/プラネタリウムクリエーター)の出演が予定されています。

情熱の系譜 for iPad/片岡鶴太郎氏

テレビ番組に「読む」コンテンツが加わって『iPad』アプリとして一体化してしまうとと、もはやそれが“テレビ番組”と呼ばれるものなのかどうか不明になりそうです。テレビ、雑誌、書籍など、あらゆるメディアの境界線のあいまい化、あるいは線の引き直しは『iPad』でどこまで進むのでしょうか? 今後も注目していきたいと思います。
 
 

■関連記事
チラシも大画面で! 電子チラシサイト『Shufoo!』が『iPad』向け無料アプリになって登場
『VOGUE』『GQ JAPAN』などの『iPad』向け電子雑誌アプリが登場
トリニティ、『Simplism』よりスタイリッシュな『iPad』用レザーケースなど発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。