ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第26回ファンタジア大賞決定──1849作の応募から『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』選出

第26回ファンタジア大賞決定──1849作の応募から『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』選出

KADOKAWAの社内ブランド・富士見書房が主催するライトノベル新人賞・第26回ファンタジア大賞で、大賞作が『ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)』に決定した。作者は羊太郎さん。イラストは三嶋くろねさんが手がけている。

7月19日(土)に文庫発売も決定するなど、盛り上がりを見せている。

ファンタジー系作品の登竜門「ファンタジア大賞」

『スレイヤーズ!』を中心に、ライトノベル黎明期よりシーンを牽引してきたファンタジア大賞。2014年から選考方法が変わり、年2回の応募作から大賞候補作を選出。頂点に立った2作品からさらに大賞を争うという形式をとり、編集部も選考委員も例年以上に力の入った選考になったという。

通期で1849作品もの応募があった中、見事に『ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)』が大賞に輝いた。準大賞には『100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない』(著:割石裂さん、イラスト:ゆーぽんさん)が決定。

6月6日(金)にグランドオープンしたファンタジア大賞スペシャルサイトでは

・『ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)』カバーイラスト読者投票
・『ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)』試し読みが毎週連載
・受賞各作品の大特集及び著者インタビューの掲載

など毎週新たな情報が更新され、読みごたえ抜群の企画が出そろっていくという。大賞作家以外への著者インタビューなども行われ。新たな才能を発見することでき、さらにはファンタジア大賞への応募を考えている人も必見の内容となっている。

ファンタジア大賞スケジュール

第7~13回までの7回連続で大賞が出なかったエピソードが象徴するように、ファンタジア大賞での「大賞」という評価が非常に大きな意味を持つ。

2年ぶりに選出された『ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)』の今後の展開に期待したい。

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy