【Macユーザー向け】書く作業がラクになる「Write」が正式リリース

access_time create folderデジタル・IT

Write

ブロガーや著述を専門とする職業に就いている人、あるいは論文やレポートなど書く作業が多い人で、Macユーザーなら「Write」が執筆作業の効率を高めてくれそうだ。

iPhone版やiPad版のアプリが先行していたが、このほど正式にMac向けもリリースされた。

Writeの特徴は何と言ってもデザインが美しく、UIがシンプルであることだろう。それから、マークダウンとHTMLに対応していることも挙げられる。フォントは8種類から選べる。

使い方としては、iCloudやDropboxに文章を保存できるように設定すると、書いた文章はそれらに自動的に同期され、もちろんiPhone、iPadアプリともシンクする。

また、作成したノートをPDF、Google Drive、Boxなどにエキスポートできるのもメリット。FacebookやTwitterとの連携も容易で、書いたノートをすぐにSNSでシェアしたり、ブログのプラットフォームにアップロードしたりすることができるのも便利だろう。

もし、書く作業に集中したいならフルスクリーンモードにすると、ソフトウェアのアップデート、メールやSNSのお知らせなどが一切表示されない。

とにかく書く効率を高めることが追求されたアプリで、“Macユーザー物書き”にとってマストハブかもしれない。  ダウンロードは700円。

Write

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧